基礎疾患なし夜尿症の原因を解明する会【2つの改善策】

生活

齢27歳にして夜尿症でございます。

といってもここ最近の話で、以前まではそんなことなかった. . .

なぜかここ最近おしっこで夜中に起きる。それが1回ではない2度も3度も。

もうゾンビになるんじゃないかってくらい毎回尿も出るし、このままでは睡眠の質も落ちて日中しんどいので、今回は合理的だと感じた夜尿症改善情報を収集していきたいと思う。

悪夢然り、夜尿然り私の睡眠ボロボロだな. . .

そもそも飲み過ぎ問題

夜間に何度もトイレに行く人でそれなりの量がでる場合はそもそも「飲み過ぎ」が原因であることが多いとのこと。

尿が1日に作られる量は成人で1.5L、1時間あたり60mlです。

つまり、特別汗をかきすぎたり、代謝でガンガン水分を消費しない状況でないのであれば、500ml飲めばそれを尿で出しきるには8時間近くかかるということです。

松波総合病院の記事にも「午前中水分を取らず、午後に水分をとるから夜尿症になる。」と紹介されているように、夜間排尿が多い場合はまず生活習慣を見直して、午後よりも午前中に集中して水分を摂取する必要があるとのこと。

特別喉の渇きを感じない場合は、夕方以降は水分摂取は控えてもよさそうですね。

あ、入浴後喉が渇いたら必ず飲むようにしてくださいね。脱水で倒れてしまうんで。

自律神経乱れてる問題

最近何かとよく聞く「自律神経」が乱れているパターンですね。

自律神経とか聞くと「あぁ!難しい話はムリムリ!」ってなるところですが、実はそこまで難しい話でもないです。

自律神経というのは、交感神経副交感神経のことで、これらの切り替わりがうまくいかないことを自律神経の乱れと言うんですね。

では交感神経と副交感神経とは何かというところですが、交感神経は俗に戦う神経、副交感神経は俗に休む神経と言われておりまして、

仕事をしているときや興奮している時、運動している時には私たちの自律神経は交感神経に切り替わっている状態で、リラックスしているときや睡眠中は副交感神経に切り替わっているという状態になります。

この切り替わりがうまくいかないことを自律神経の乱れと言うのです。

そして、これらがなぜ夜尿症の原因になるかというところですが、私たちの生活が発展していく中で、寝る前にスマホを触ったり、YouTube動画を視聴する習慣が付きましたよね。

これらスマホから出る光であるとか、YouTubeコンテンツから発信される情報によって私たちの脳の神経が昂った状態になることが関連しています。

脳の神経が昂ると交感神経に切り替わってしまうため、排泄を司る副交感神経は一旦お休みします。つまり、尿を作ったり、腸を動かしたり、排泄に関わる機能がスローになるということですね。

これに関しては、狩猟採集時代以前から人間に備わっている機能で、単純に戦いの最中に排泄している場合ではないのでこのような体の仕様になっているということです。

そしてそして、話を夜尿症に戻しますと、夜尿症の原因の一つがこの交感神経が優位な状態にあることでして、睡眠直前まで交感神経が優位な状態ですと、尿が作られる量が制限されてしまいますので、体内の水分量が多い状態で就寝することになります。

そのまま睡眠後徐々に副交感神経が優位になり、尿が作られる量が増え、夜間に排尿する量が増えるといったことに繋がるわけですね。

睡眠時には「バソプレシン」という尿の生成を妨げるホルモンの量も増えるんですけど、体内の水分量が多いと尿を作らないとか言ってられないんです。血管にかなりが負荷かかるので。

これらの理由もあって自律神経が乱れると夜尿症になりがちということですね。これらを根拠として今日からできる自律神経の乱れを治す習慣は以下があげられます

・就寝前3時間はスマホやパソコンを触らない
・就寝前2時間にはリラックスする時間を設ける
・就寝前にコンテンツを消費しない
・起床後は太陽の光を浴びてしっかり水分補給する

まとめ

今回は普段基礎疾患を持っていないが、夜尿症で困っている人に向けた改善策を提示させてもらいました。

というか、自分が困っているので勝手にまとめました。

それでは今回の記事のまとめです。夜尿症改善のために今日今から私たちができる改善策は以下になります。

・午前中の水分摂取量を増やし、午後は控えめにする
・就寝前に水分を摂りすぎない
・60m/hの尿の生成速度を考えて水分摂取する

・就寝前3時間はスマホやパソコンを触らない
・就寝前2時間にはリラックスする時間を設ける
・就寝前にコンテンツを消費しない
・起床後は太陽の光を浴びてしっかり水分補給する

こんなところですかね。
一言でまとめると「夕方からの水分摂取量を減らして、就寝3時間前くらいからはしっかりリラックスしよう」というところです。

私自身全然できていないかったので、今日いまから実践していきたいと思います。改善の報告はまた後の記事にてお知らせしますね!

それでは今回の記事はここまで!

またね。