沈黙は金/雄弁は銀の正しい使い方

コミュニケーション 心理

YouTubeで自己啓発系の情報が簡単に入手できるようになり「沈黙は金/雄弁は銀」という言葉を聞く機会が増えました。

沈黙は金/雄弁は銀」とは、何かを話さなければならない空気感になっても、時には沈黙している方が価値があるといった内容のことわざで、皆さんも空気感に気まずくなって無理くり会話を始めた経験などないでしょうか。

私も沈黙が苦手で、誰かと2人きりの空間で沈黙が発生すると急に気まずくなり、何かを話さなければと焦ってしまいます。

その心理としては「この人といると気まずいと思ってほしくない。」というもので自分では到底コントロールすることができないものです。その不安を解消するために内容のない話を展開してしまいます。

そして、その内容のない話は沈黙を回避するためのものなので相手には「何が伝えたかったのだろう?」と返って不快感を与える結果になったりもします。

こういった場合は、話す内容が見つからなければひたすら沈黙に徹した方が良いのでしょうか。

また沈黙は金であるが、沈黙が悪手となる展開も経験したことがあります。

そこで今回は、沈黙を活用する場と活用してはいけない場について考えていきたいと思います。

沈黙を活用すべき場

沈黙を活用すべき場は以下の状況であると考えます。

・自身が沈黙を回避したい心理になった場合
・自身があまり理解していない物事に意見するとき
・考えがまとまっていない状態
・相手の話を傾聴するとき
・怒りの感情が出現したとき

例を挙げるとキリがないのですが、基本的にはこれらの状況で沈黙が金になると考えます。

自分が沈黙を回避したいと感じたとき

この心理になった場合は「なぜ自分は沈黙を回避したいと思ったのだろうか。」ここを考えることが第一ステップになります。

その理由が先ほどの「気まずいと思われたくない。」という心理である場合は、中身のない会話をするより沈黙している方が価値はあります。

中身のない会話をするのはギャンブルです。

当たれば好感度を上げることができますが、外れれば相手に不快感と不信感を与える結果になります。普通に考えればハイリスク/ローリターンな賭けになりますので、無理くり考えた中身のない会話はしない方が良いです。

結局質問返しされた時に何も答えられなくなってしまうので. . .

また、沈黙を貫いているとふと「この話がしたい/これを聞きたい」という思いが降りてくることがあります。こういった会話は相手に興味を持って展開されるもので会話の目的もはっきりとしているため、相手に良い印象を与えることができます。

理解していない物事へ意見するとき

必ずボロがでます。

何かの意見を求められる際に「理解しています。」ということを伝えたいがために質問を返したり、意見する事で理解していない事実がバレるリスクがあります。

これに関しての初動は沈黙で理解するよう努め、それでもわからない場合にのみわからない箇所を質問するという対応が最も角が立たないのではないでしょうか。

考えがまとまっていないとき

相手から質問されたり、考えを聞かれた際に焦って即答し、後々自分の発言に後悔した経験などはないでしょうか?

私を含め、コミュニケーションが苦手な人にありがちなのですが、質問をされればすぐに答えなければならないという謎の重圧。

その重圧に押されてすぐに回答するが、即席で用意した意見に価値はなく、大体の情報が間違っていたり、相手に不信感を与えるものになっているケースもあるかと思います。

こういった場合は、ひとま置いて自分の頭でしっかりと考えをまとめてから質問に回答するのが良いと考えます。

実際に人は、質問がすぐに返されなくても返答内容が性格であれば満足します。

「即答<正確性」です。

なので、急に質問されて焦った場合はまず沈黙して考えを整理し、性格な情報を回答する癖をつけるとコミュニケーションでの悩みが一つ減るかと思います。

相手の話を傾聴するとき

これに関しては、沈黙というより相槌を打ち続けるというニュアンスです。

人の話を傾聴する時には、基本的にこちらの意見を最小限に抑えるべきです。間違ってもアドバイスなどをしてはいけません。

しかし、ひたすら相槌を打ち続けるというのも難しいもので、相手が間違っていることを言っていた場合、それを正す答えを提供したくなるのが人間です。

傾聴中に意見したくなった場合は、その事実を認識し「あ、今は沈黙すべきだ。」と再認できれば相手に安心感を与える傾聴が展開できるかと思います。

怒りの感情が出現したとき

カッとなってついつい乱暴な言葉を吐いたり、相手を傷つけてしまった経験はあるかと思います。

基本的に怒りという感情は、強引に問題解決するためのツールとして私たち人間に使用されます。

そう言った場合、後々の人間関係や自身への利益を度外視して行動してしまうので怒りの感情を認識することができればまずは沈黙に徹すべきです。

そして、自分を客観視して「今ここで怒りの感情を利用すれば何が得られるのだろうか。」と考え、利益がないと判断すれば沈黙を貫き、状況を変化させないよう努めます。

怒りの感情の99%不必要な行動を起こすために利用されます。なので、怒りの感情を認識するトレーニングはコミュ力を上げるためにも日頃から行っておく必要があると考えます。

沈黙を活用すべきではない場合

沈黙を活用すべきではない場合は以下になります。

・相手に対して不快感がある
・意見を求められた場合

基本的にはこの二つが大きく分類されるかと思います。

相手に対して不快感がある

よく「嫌いな人間に笑顔を作る必要はない。/嫌いな人間と関わるな。」とHSPや小心者に解説するメンタル系のインフルエンサーは言いますが、この思想を鵜呑みにするとかなり危ないです。

なぜそう思ったかというと、私自身この思想を鵜呑みにすることで自身の快適な環境を破壊したことがあるからです。

自身が相手に不快感を持っている場合、相手の思いや意思を誤解している可能性があります。

相手とコミュニケーションをしっかりと取ることで、お互いの誤解が解けwin-winの状態になることも少なくありません。

対象の相手に媚びる必要はありませんが、変に沈黙を活用して関わらないように努めると後々自分の環境を破壊することになりかねません。

また、その対象にのみ沈黙を活用して他の相手に沈黙しない場合「人によって態度を変える人」と周囲の人間に認識されます。

これは自身の信頼や信用を一気にどん底まで引き下げる行為なので、第三者からの目線というところも必ず意識しておきたいところです。

意見を求められた場合

この場合、数秒程度の沈黙を活用して考えをまとめるのであれば、沈黙は有効に働きますが、長い時間沈黙をすると「こいつ話聞いてない。」という印象を相手に与えるので注意が必要です。

ここに関しては解説しなくても「つまり相手を無視するってことでしょ。」と直感的にわかってもらえるかと思います。

流石に質問された後長時間沈黙してたらただのヤバいやつですよね。

まとめ

今回は沈黙の活用方法について考えていきました。

沈黙を活用する際に最も大事なのは、普段から沈黙を活用した場合にメリットが得られるのはどのような状況だろうかと考えることかと思います。

基本的には初手沈黙安定ではありますが、沈黙することで自身にデメリットを与える状況についてもしっかりと理解しておく必要があります。

私のように「沈黙は金/雄弁は銀」という言葉の表面だけに気を取られて、どのような場面でも沈黙が有効であると勘違いしないようにしていただければ幸いです。

それでは今回の記事は以上になります。

またね。