MacでYouTubeをスクロールしたときに生じるバグの改善方法(応急策)

ガジェット

タイトルの通りですが、
M1チップ用のアップデート「Big Sur」がきてからMacでYouTubeを上下にスクロールすると不自然な引っ掛かりが発生します。

こちらに関しては、旧MacbookはもちろんのことM1 Macbookでも発生しているようですね。

インターネット上を検索していると同様の報告が相次ぎ、現状設定を変更するなどして改善できる方法はないとのこと。

しかし、
Safariのスクリプトをいじると応急処置で改善はではありますが、改善できるようなので、今回はその方法を紹介していきたいと思います。

Userscriptsのダウンロード

まずはAppストアからUsescriptsをダウンロードします。

ダウンロードができたら、アプリを起動します。
すると拡張機能の項目に飛びますので、左側のボックスにチェックを入れてこのアプリケーションを許可します。

するとsafari上部に</>のマークが出現するのでそちらを選択します。

このページが開いたら+ボタンを押し、CSSを選択します。
すると右側にコードが出現するので、全て消去して以下のコードを貼り付けます。

// ==UserScript==
// @name        FixYouTubeScrolling
// @description Stop improper styling, Google
// @match       *://*youtube.*
// ==/UserScript==
ytd-page-manager {
  overflow-y: unset !important;
}

#page-manager.ytd-app {
  overflow-x: unset !important;
}

コードを貼り付けることができたら、右下のSAVEを押してYouTubeを更新します。すると、引っ掛かりがなくなり快適にスクロールすることができるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
YouTubeのスクロールは改善しましたか?

今回はこちらのウェブサイトのGnattu氏の書き込みを参考に記事を執筆させていただきました。

先人の素晴らしい知恵に感謝をして今回の記事は終わりにしたいと思います。

それではまたね!