高性能マスク「AIRINUM(エリナム)」が欲しいので情報をまとめた

ガジェット

高性能マスク「AIRINUM」が欲しい!

ということで、
この商品を購入する自分を納得させるために情報をまとめていこうと思います。

といっても、
主観的にARINUMが有利になる情報ばかりを集めず、しっかりとデメリットとなる部分も紹介していこうと思う所存です。

N95マスクと同等の性能

N95は医療職用の微粒子濾過マスクで、
詰まるところ、粒子の細かいウイルスを弾く高性能マスクです。

N95マスクの性能は「0.1~0.3μmの微粒子を95%弾く」というもので、粒子サイズ「0.1μm(飛沫で水分含むと0.2μm)」のコロナウイルスも95%除去してくれるんですね。

ちなみにN95の95は除去率のことで、
N99マスクになれば除去率99%になります。

そして、気になるAIRINUMマスクの性能は「0.1~0.3μmの微粒子を98%弾く」というもので、N95マスクよりもわずかに高性能なんですよね。

見た目がシンプル

高性能マスクにしては比較的落ち着いたデザインになっています。

といっても、
マスク表面にバルブが突出しているので少しゴツい印象もありますが、防塵マスクでこの性能があるマスクにしては比較的落ち着いたデザインなのではないでしょうか。

公式サイトより、モデルが着用した写真をいくつか見ることができます。

値段は高め

デメリットの1つとしてあげられるのが高めの値段設定です。

高性能なものなので仕方がないところですが、マスク本体が「7920円(税込)」、2週間に一度交換を推奨されているフィルターが3枚セットで「3080円(税込)」します。

マスク本体にもフィルターが2枚付属してくるので、追加フィルターは同時に買う必要はありませんが、それでもマスク1つに約8000円をかけることになります。フィルターのランニングコストも「2000円/月」ですしね。

ここに関しては、個人の価値観で不必要と感じる人が多いかもしれません。

フィルターの交換が必要

上記でも話しましたがこれも面倒なポイントです。

フィルターが不必要で「洗濯だけでケアできればいいや。」と考えている場合には購入後痛い目をみます。

100時間着用できるフィルターなので衛生度外しで考えれば、1日1時間外出するとしても3ヶ月ちょい使うことができますが、フィルター自体洗うことができないので、やはりコスパは悪いです。

フィルターの取り替えが面倒くさくない方やランニングコストが気にならない方にはお勧めできそうです。

MCS(化学物質過敏症)の方には非推奨

これは公式サイトにも書かれていまして、MCSについてはテストされていないので現時点では非推奨とのこと。

該当される方は購入を見送った方が良さそうですね。

やっぱり買わないかも

この商品のすごさを知ることで自分の購買意欲を焚き付けよう!

という目論見のもと執筆した記事ではありますが、逆に購買意欲が低下してしまいました。

というのもランニングコストがきつすぎるんですよね. . .

1ヶ月2000円でPM2.5に対応できたり、この時期だけでもコロナ対策ができると思うと安い買い物なのかもしれませんが、それでも高いなと. . . 。

製品自体の素晴らしさは文句の付けようがないのですが、あとはその製品を使い続けられるだけの財力や価値観を持ち合わせているかというころですね。

おそらく私はその選考からは落ちそうです。

はい、ということで今回は高性能マスク「AIRINUM」の情報についてまとめてみました。日本語版公式サイトのURLを貼っておきますので、気になった方は見に行ってみてくださいね。

それではまたね。