脱☆情弱ステーション

年収250万の20代後半会社員が本気でセミリタイアを目指すブログ

健康

食べ過ぎを抑えるためには食事報酬を意識するべし

投稿日:

今回のテーマは「食事報酬」です。

「ポテチとかラーメンがおいしすぎてついつい食べ過ぎてしまう。こういう食べ過ぎを抑える方法ってあるの?あれば詳しく教えてほしい。」

 

 

「本記事ではこういった疑問にお答えします。」

本記事を読んでもらうことで、

・食べ過ぎを抑える方法
・食事報酬について

について詳しくなってもらうことができます。

【もくじ】

 

1.食べ過ぎを抑えるには食事報酬を意識するべし



食べ過ぎを抑えるには食事報酬を意識する必要があります。

なぜなら、食事報酬を意識しなければ快楽を目的とした食事摂取量が増えるからです。


そもそも「食事報酬とは何なのか。」ということについて解説します。

食事報酬」とは、食べることで脳が過剰に喜んでしまう状態のことで、具体的には以下の食品がそれに当てはまります。

・ファーストフード
・スナック菓子
・アイスクリーム
・ラーメン
・加工食品
・店屋物
・天ぷら唐揚げなど

基本的には外食や店屋物、菓子類など自炊以外で摂取する食物は食事報酬が上がりやすい傾向があります。その理由としては、

・塩分
・糖分
・脂肪分
・カロリー
・グルタミン酸

これらが大量に含まれているからで、脳が過剰に喜び食事摂取をさらに促すといった機序が起きます(1)。

そのため、食べ過ぎを防ぐには食事報酬の高い食品を避ける必要があり、今回の記事ではその対処法について解説します。

 

2.食事報酬の高い食べ物を排除する



最初に行う事はダイエット食品に置き替えるのではなく、食事報酬の高い食品を食卓から排除することです。

冒頭でもお話ししましたが具体的な食品名を上げますと、

・ハンバーガー
・ポテトチップス
・チョコ菓子
・クッキー
・アイスクリーム
・ハムやサラミ
・天ぷら、唐揚げ
・ラーメン
・外食
・市販の惣菜
などなど。

基本的には「塩っけ」が強いものや「甘くて美味しいもの」「脂っこいもの」などが食事報酬を上げるものと理解してもらえればOKです。

まずはこういった食事報酬を上げる食品を食卓から排除していきましょう。

3.自炊をする



自炊なくして食事報酬を下げることは難しいので、同時並行で自炊を始めていきましょう。


自炊する際は「野菜類」の摂取量を増やし、調味料の量を減らして素材の味を引き出す料理方法を心がけるとベストです。

料理の薄味に関しては食事報酬が下がれば次第に慣れていきますので、最初のうちはあまり美味しくないと感じても継続してみてください。
 

少ない調味料の量でおいしい料理を作る参考に、水島弘史さんの「野菜炒めは弱火で作りなさい」「家庭の料理にダシはいりません」の2冊がオススメです。

野菜いためは弱火でつくりなさい (青春新書PLAYBOOKS)

 

家庭の煮物に「ダシ」はいりません (青春新書プレイブックス)

4.まとめ



今回は「食事報酬」をテーマに開催しました。

ダイエットにおいて「食事報酬」が上がり、脳が喜ぶままに食事をしてしまうと痩せることが難しくなるので、ダイエットを行う際は食事報酬から意識してみてはいかがでしょうか。

 

「食事方法について理解できたぞ。今日から自炊して効果的にダイエットを始めていきたいな」

 

 

 


 

【参考文献】

(1)Martin G. Myers, Jr.,Rudolph L. Leibel(2010),Obesity and Leptin Resistance: Distinguishing Cause from Effect

-健康
-,

Copyright© 脱☆情弱ステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.