脱☆情弱ステーション

年収250万の20代後半会社員が本気でセミリタイアを目指すブログ

習慣

これさえやっておけば困らないコミュニケーション技術3選

投稿日:

今回のテーマは「今日からできるコミュニケーション技術」です。

「コミュニケーションが苦手でいろいろな本とかサイトで勉強してるけど、いまいち理解しにくくて難しい。これさえやっておけば良いと言うものがあれば教えて欲しい。」

 


「本記事ではこういった疑問にお答えします。」

本記事を読んでもらうことで、

・コミュ力が上がる最低限の技術
・コミュニケーションの全体像

について詳しくなってもらうことができます。

【もくじ】

 

1.これさえやっておけば困らないコミュニケーション技術3選



今回の記事では簡易的かつ効果的なコミュニケーション技術を紹介します。

本記事で紹介するコミュニケーション技術は、会話の中で必ず発生する以下の3つのフェーズに焦点を当てたものになります。

・相手が話しているとき
・相手に質問されたとき
・相手に質問するとき

上記3つの場面を乗り切ることができる方法を深掘りして解説していきます。

2.相手が話している時



相手が話しているときにする事はたった1つだけ。

それは「傾聴」です。

傾聴とは相手の話を聴く事で具体的には以下が当てはまります。

・相手の話を遮らない
・相手の話を途中で要約しない
・相手に意識を向ける
・相手の気持ちに共感する
・相手の意見を批判しない

これらの要素全てを満たすことで "傾聴" が成立します。

つまりは「相手の話を批判せず、遮らず気持ちに共感しながら最後まで聴く。」これを意識してもらうことで傾聴が成立します。

コミュニケーション技術の中でも最も難しい部類になりますが、ここを習得すれば "コミュニケーション技術の8割を習得したといっても過言ではない" ため、必ず傾聴スキルは身に付けておきましょう。

より詳しい傾聴スキルの解説は下記の記事が参考になります。参考にご一読ください。



3.相手に質問されたとき



相手に質問された時は、その質問を聞き返すと良いでしょう。

コミュニケーションにおいては質問をされ、それに答えることでその後に沈黙が発生する場合があります。

その沈黙回避として「あなたはどうですか?」と聞き返し会話のボリュームをかさましする手段があります。

また、人は自分に聞いてほしいことを質問として尋ねる場合が多いので、質問の内容を相手に聞き返す事は相手が会話に感じる満足度を引き上げることに繋がります。
 

女性は無意識にこれをやっていることが多いですが、他人への興味が薄く共感力の低い男性はこの「聞き返し」をすることがほとんどないです。

なので、男性ほど意識して「聞き返し」をするように心がけてみてください。

4.相手に質問する時



相手に質問するときは「5W1H」「テキドニセイリスベシ」を活用すると良いでしょう。


「5w1h」
は相手の話の内容に対してカウンターのようにおこないます。

例えば相手が「今日はラーメンを食べに行ってきた」と言う話をしてきたら、以下のように5W1Hを適用します。

・where:どこに食べに行ったんですか。
・what
何ラーメンが好きですか。
・ who:1人で食べに行ったんですか。
・why:ラーメン好きなんですか。
・when:いつ食べに行ったんですか。
・how:ラーメン屋さんまでは何で行ったんですか。

相手の「ラーメンを食べに行ってきた。」と言うワンフレーズだけでここまで話のボリュームをかさましすることができます。

そして「5W1H」を行うことで相手は「私に興味を持ってくれている。」と感じ、会話に満足感を覚えます。

これらの理由からも相手に質問する際に5W1Hを活用するメリットは大きいといえます。

 

【5W1H】
・What:何を
・when:いつ
・Who:誰が
・Why:なぜ
・Where:どこで
・How:どうやって
 

テキドニセイリスベシ

テキドニセイリスベシはこちらから新しく質問する際に使いやすいテンプレートです。

テ:テレビ「テレビはよく見ますか。」
キ:気候「最近暑いですね。」
ド:道楽(趣味)「趣味はありますか。」
ニ:ニュース「煽り運転の人捕まりましたね。」
セ:生活「日中はどのように過ごしていますか。」
イ:田舎(出身)「出身はどちらですか。」
リ:旅行「最近どこか旅行に行きましたか。」
ス:スキャンダル「アイドルが麻薬で逮捕されましたね。」
ベ:勉強「何か勉強していることはありますか。」
シ:仕事「仕事は何をしていますか。」

「何を話したらいいかわからない。」と言う方でも、テキドニセイリスベシを頭の片隅に入れておけば自発的に話を展開することができます。

使い勝手の良いテンプレートなのでぜひ覚えてみてください。

5.まとめ



今回は「今日からできるコミュニケーション技術」をテーマに解説しました。

紹介したコミュニケーション技術の中では「傾聴」がぶっちぎりで難易度が高いですが、すべてのコミュニケーションの基礎となる部分であるためここをマスターすることができれば、一般的な人より「話上手、聞き上手」であるといえます。

そして、コミュニケーション技術についてより深く学習したい方は「コミュニケーション全般の知識」を学ぶことができる下記の記事を参考にご一読ください。

「コミュニケーション技術の鍛え方がわかったぞ!傾聴スキルを鍛えるのは難しそうだけど毎日実践して少しずつ身に付けていきたい。

-習慣
-,

Copyright© 脱☆情弱ステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.