徒然なる犬

生活を豊かにする知恵や気になる話題を毎日更新!

習慣

高齢者の原因不明の発熱で考えられること対処すべきこと

投稿日:

今回のテーマは「高齢者と高熱」です。

「実家のおじいさんが急に高熱を出した。暑い部屋にいたことが原因かな?こういう時はどうすればいいの。詳しく教えて欲しい」

 

 

「本記事ではこういった疑問にお答えします。」

本記事を読んでもらうことで、

・高齢者の熱の原因
・熱が出たときの対処法

について詳しくなってもらうことができます。

【もくじ】

1.高齢者の原因不明の発熱で考えられること対処すべきこと



高齢者が原因不明の熱を出したときに考えられることには、以下のようなものがあります。

・熱中症
・肺炎
・感染症(尿路感染)

今回は上記の症状を深掘りして解説していきます。

2.熱中症



熱中症が原因で高熱を出す場合が多いです。

熱中症に関しては「夏季」など気温の高い時のみになりますが、熱中症で死亡する高齢者は毎年500人程度います(1)。そのため、侮ることができない症状となります。

最近では「家の中でも熱中症になる。」が常識となっており、夏場はどこにいても熱中症と隣り合わせと言えるでしょう。

具体的な熱中症の対策と、なってしまったときの対処法についてまとめましたので以下を参考にしてください。

【熱中症対策】
・室温を26~27度程度に設定する。
・日差しの強い午後3時などは外出しない
・いちどに大量ではなく頻回に水分補給をする。
・外出時には涼しい格好をして帽子を着用する。
・ウリ科の野菜や冷えたお茶など体が冷える物を食べる。
 
【熱中症になったら】
・脇や首、太ももの付け根など太い血管が通っている場所を冷やす。
・可能であれば水分補給をする。
・救急車や自家用車で病院に急ぐ

 

3.肺炎



高齢者は肺炎が原因で熱を出すことが多いです。

肺炎の原因は様々ですが、高齢者に多いのは「誤嚥性肺炎」と言う食べ物やお茶がむせて起こる肺炎です。

高齢になると「誤嚥能力(飲み込む力)」が衰えてくるので若い人と比べて肺炎を起こしやすくなります。

そのため、普段から喉を鍛えたりゆっくりと食事をする習慣をつける必要があります。

肺炎の対策方法や肺炎になってしまったときの対処法についてまとめましたので以下を参考にしてください。

【肺炎対策】
・飲み込むときはながら食べでなく意識をして飲み込む。
・毎日嚥下体操(パタカラ体操など)を行い喉を鍛える。
・普段から健康的な食生活、運動習慣を身に付け免疫力を高める。

 

【対処法】
・救急車を呼ぶか自家用車で病院へ急ぐ

 

4.感染症(尿路感染症)



高齢者は感染症で高熱を出すことも多いです。

高齢になってかかりやすい感染症に「尿路感染症」と言うものがあります。

尿路感染症は肛門と尿道の位置が近い女性やトイレに行くのを億劫に感じ我慢してしまう人がかかりやすいです。

「トイレに行く頻度が増えるので水分をとらない。」「トイレまで行くのが面倒だから我慢する。」と言う方は注意が必要です。

具体的な尿路感染症の対策や対処方法をまとめましたので以下を参考にしてください。

【尿路感染症の対策】
・こまめに水分摂取する。
・トイレを我慢しない
・普段から健康的な食生活や運動習慣を身に付ける
・陰部を常に清潔にする
 
【尿路感染症の対処法】
・自家用車や救急車で病院へ急ぐ

 

5.まとめ



今回は「高齢者と高熱」をテーマに解説しました。

"対策" に関してはできることは多いですが、"対処" に関しては熱中症以外は病院受診を急ぐのが無難です。

救急車を呼ぶのに抵抗のある方が多いですが、高齢者の高熱は死に直結することが多いので遠慮せずに救急車を呼びましょう。

「高熱時の対処法について理解できたぞ!基本的には、すぐに病院へ連れて行く手続きを取れば良さそうだな。普段から対策できる事はしっかりとしていこう。」

 

 




【参考文献】

(1)厚生労働省 年齢(5歳階級)別にみた熱中症による死亡数の年次推移(平成7年~29年)

-習慣
-, , , ,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.