脱☆情弱ステーション

年収250万の20代後半会社員が本気でセミリタイアを目指すブログ

健康 習慣

一酸化窒素で血圧を下げ、血管を若く保つ方法

投稿日:

今回のテーマは「一酸化窒素」です。

「血圧を下げるのに "一酸化窒素" が良いって聞いたけど、一酸化窒素って何?一酸化窒素を増やす方法と一緒に詳しく教えて欲しい。」

 

 


「本記事では、こういった疑問にお答えします。」

本記事を読んでもらうことで、

・一酸化窒素とは?
・一酸化窒素の効果
・一酸化窒素を増やす方法

これらについて詳しくなってもらうことができます。

【もくじ】

 

1.一酸化窒素で血圧を下げ、血管を若く保つ方法



一酸化窒素には、血圧を下げ、血管を若く保つ効果があります。

なぜなら、一酸化窒素には血管を広げる効果があり、血管にかかる負担を軽減することができるからです。

そもそも一酸化窒素とは、窒素と酸素を掛け合わせた気体で "空気よりも重い" 性質を持っています(1)。

一酸化窒素は、"硝酸塩" が体に入ることで体内で合成される気体となっており、その合成機序は以下の通りです。

1.硝酸塩を摂取
2.口腔内の細菌が硝酸塩を亜硝酸塩に変える
3.亜硝酸塩は胃や小腸で一酸化窒素になる
4.一酸化窒素が血管に入る
5.血管を拡張する

一酸化窒素の素材になる「硝酸塩」は葉野菜に多く含まれているので、一酸化窒素を増やそうと思えば、基本的には野菜を摂取することになります。

そして本記事では、一酸化窒素の健康効果を深掘りして解説していきますので、より健康で長生きを望む方は下記の章をご一読下さい。

2.血圧を下げる



一酸化窒素には、血圧を下げる効果があります。

前述したとおり、一酸化窒素には "血管を拡張する効果" があるからです。

血管が拡張することで血圧が下がり、血管への負担が少なくなると「高血圧」「心疾患」を予防することができます。


日本食は醤油や塩をベースとした味付けが多く、日本人は血圧が高い傾向にあり、日本人の病気による死亡率も血管病である「心疾患」が2位となっています。


そのため、血管疾患を予防するうえでも一酸化窒素の摂取は重要であるといえます。


3.集中力が上がる



一酸化窒素には、集中力を上げる効果があります。


先ほども解説した通り、一酸化窒素には血管を拡張する効果があります。一酸化窒素で集中力が上がるのは、脳の血管も例外ではなく拡張され、頭の回転が速くなるためです。

一酸化窒素のもととなる硝酸塩は「受験前の朝ごはんや仕事前」などの集中を要する作業の前に摂取すると良いでしょう。

4.体のパフォーマンスが上がる



一酸化窒素には、体のパフォーマンスを上げる効果があります。

血管が拡張され細胞にエネルギーが行き渡ることで、疲れを感じにくくなったり、体の機能が向上するといった効果を得ることができます。


普段から体がだるい人や疲れやすい人は運動と並行して、一酸化窒素の摂取を意識してみると良いでしょう。

 

5.一酸化窒素の多い食品



一酸化窒素の材料である「硝酸塩」は野菜に多く、野菜の摂取を意識すれば必要量確保することができます。

その野菜の中でも、硝酸塩の含有量が多いものは以下になります。

【硝酸塩の多い野菜】
・ほうれん草
・レタス
・大根
・キャベツ
・セロリ
・ルッコラ

おすすめは、硝酸塩以外の栄養価や手軽に食べられる観点から「ほうれん草,レタス,キャベツ」です。

食べ方としては、キャベツとレタス、ほうれん草を混ぜたサラダをオリーブオイルと塩で食べる感じですね。


マリネ風が好きな人は、「りんご酢」「バルサミコ酢」をかけてもらっても美味しくいただけるかと思います。

6.まとめ



今回は「一酸化窒素」をテーマに解説しました。

本記事の内容を以下にまとめます。

  • 一酸化窒素は、酸素と窒素が結びついた空気より少し重い気体。血管を広げる効果があり、心疾患や高血圧を予防する。
  • 血管を広げる効果から脳の血流を増やし、集中力を高める効果も期待できる。
  • 血管が広がるため、細胞にエネルギーが行き渡りやすく、疲労感を緩和したり体のパフォーマンスを上げることができる。
  • 体内の一酸化窒素量を増やすためには「レタス、キャベツ、ほうれん草」をオリーブオイルと塩で食べるのがオススメ。

今回のまとめは以上になります。

野菜には一酸化窒素以外にも血管を若く保つ効果があるので、積極的に食卓に取り入れた方が良い食材と言えるでしょう。

「一酸化窒素について理解できたぞ!野菜は苦手だけど「レタス、キャベツ」なら食べられそう。今日からサラダを食べる習慣をつけていくぞ!」

 




【参考文献】

(1)一般社団法人日本血栓止血学会

-健康, 習慣
-, , , ,

Copyright© 脱☆情弱ステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.