徒然なる犬

健康、アンチエイジングの情報を中心に生活を豊かにする知恵を毎日紹介!

習慣

バイオフィリアを満たし空気を綺麗にする観葉植物7選!【空気清浄木】

投稿日:

今回のテーマは「観葉植物」です。

「バイオフィリアが体にいいのはわかった!でもなんの観葉植物がいいのかわからない。部屋の空気を綺麗にしてくれる「空気清浄木」があれば教えてほしい。」

 



「本記事では、こういった疑問に答えます。」

本記事を読んでもらうことで、

・バイオフィリアを満たす観葉植物
・空気を綺麗にする観葉植物
・犬、猫に有毒な観葉植物

について詳しくなってもらうことができます。

【もくじ】

 

1.バイオフィリアを満たし空気を綺麗にする観葉植物7選



バイオフィリアを満たしながら有害物質を除去し、空気をきれいにする観葉植物は以下のものがあげられます。

・ポトス(有毒)
・オリヅルラン(無毒)
・ドラセナ(有毒)
・ゴムの木(有毒)
・サンセベリア(有毒)
・菊(有毒)
・アロエベラ(有毒)

植物の横に書いてある(毒)は「犬、猫に対しての毒性(1)」になります。室内でわんにゃんを飼っている方は設置場所に注意する必要があります。


そして、これらの観葉植物は宇宙ステーション内の空気清浄を研究する「NASA空気清浄研究所」が1989年に「有害物質を除去する空気清浄木」として公表したものの一部となります。


空気清浄機能に対する信頼度は非常に高いので、観葉植物の設置を考えている方は上記のリストを参考にしてみてください。

2.ポトス



【植物の概要】

おしゃれなカフェやホームセンターでよく見かける観葉植物。

木というよりはツタ状の植物で、2階のベランダから1階まで伸びるまで成長することもしばしば。


葉の生え際を切って植えると無限に増やすこともできるので、育てながらにエンターテイメント感を感じることができる観葉植物界のスター。100均にもホームセンターにも売っています。


動物に対して毒性があるので、わんにゃんを飼っているかたは設置には注意が必要です。

【吸収する有害物質】

・ベンゼン
・ホルムアルデヒド
・キシレン
・トルエン

【育て方】

もともと暑い地域に生息しているため、夏には強く、冬に弱いです。冬は特に日当たりのよいところに置くとよいでしょう。水やりは土の表面が乾いてきたらでOKです。

3.オリヅルラン



【植物の概要】

これまたよく目にする観葉植物。

住宅展示場や家具、雑貨売り場にひっそりと設置されている「観葉植物界の紅一点。」

細長くスリムなボディであるが手入れをしないとファンネルのようなツタが伸びに伸びて子どもをポコポコ生み出します。ポトス同様エンターテインメント性の高い植物でオススメできる観葉植物です。


100均、ホームセンターにもありますので、手に入れやすい側面も。わんにゃんに対する毒性もないので、ペットのいる家庭でも安心して設置してもらうことができます。(我が家でも設置中)

【吸収する有害物質】

・ホルムアルデヒド
・キシレン
・トルエン

【育て方】

ポトスと同じで、夏に強いが、冬に弱いです。日当たりのよいところに置くとよいですが、日あたりの悪いところでも育つ「耐陰性」を持っています。乾燥に強い植物なので、水やりは土の表面が乾いてからでOKです。

4.ドラセナ



【植物の概要】

どうぶつの森でも、部屋に設置する人が多い人気観葉植物。購入には1300ベルかかるため「高っ!?」と思ったのがいい記憶。


葉っぱがの形がきれいで、太い幹が渋い印象をもたらします。シックな部屋やブラウンで彩られた部屋に似合いそうな見た目をしています。


大型のため、設置にはある程度のスペースが必要ですが、100均やお花屋さんに小さいものが売っていますので、気になる方はお近くのお店へ。


動物に対しての毒性があるので、わんにゃんを飼っているかたは設置には注意が必要です。


【吸収する有害物質】

・ベンゼン
・ホルムアルデヒド
・トリクロロエチレン
・キシレン
・トルエン


【育て方】

ポトス、オリヅルランと同じく、夏に強く、冬に弱いです。レース超しの日当たりでもすくすく育ちます。乾燥に強いので、水やりは土の表面が乾いてからでOKです。

5.ゴムの木



【植物の概要】

大きな幹に大きな葉が特徴の植物。

葉っぱも木もどこか「ゴムゴム」している感じがしてうれしくなってしまうところ。しっかりとした葉っぱで、指でつまんでも「硬い...。」とうれしくなります。


100均でも小さいものが売っていますし、近くのお花屋さんにも置いているかと思います。


わんにゃんへは有毒と言われたり、大丈夫と言われたりですが、基本的にゴムの木の仲間はわんにゃんに有毒とされる場合が多いので、ペットがいる家庭では設置しない方が無難かと思われます。

【吸収する有害物質】

・ホルムアルデヒド

【育て方】

日当たりのいい場所に設置し、水は表面が乾いてからでOKです。日光に向かって伸びていくため、形を整えたい場合は位置を調整しながら育てると良いです。

6.サンセベリア



【植物の概要】

地面から細長い葉っぱが生えているように見えるインテリア界の王。実は薄く見える葉っぱは肉厚で手でつまむと「ぷにぷに」していて気持ちがいい。


地上の昆布のような見た目でインパクトがあるため、気になる方にはぜひ手に取っていただきたい。しかし、わんにゃんには有毒なので、ペットのいる家庭は注意が必要です。


【吸収する有害物質】

・ベンゼン
・ホルムアルデヒド
・トリクロロエチレン
・キシレン
・トルエン

【育て方】

日光の良く当たるところを好みますが、「耐陰性」もあるので日陰でも育ちます。乾燥に強い性質があるので、土が乾燥してから水を上げてもらえばOKです。水を上げるときにたっぷりあげましょう。

7.菊

【植物の概要】

日本人にはなじみのある植物ではないでしょうか。和柄のデザインや刺繍の常連となっており「ジャパニーズビューティフルプラント」と言えるでしょう。


動物に対して毒性があるので、わんにゃんがいる家庭は設置に注意が必要ですが、空気清浄効果はトップクラス。しかしそのサイズや育成から屋内での育成は極めて困難。チャレンジ精神のある方はどうぞ。

【吸収する有害物質】

・ベンゼン
・ホルムアルデヒド
・トリクロロエチレン
・キシレン
・トルエン
・アンモニア

【育て方】

説明が長文になってしまいますので、こちらの外部サイトを参考にどうぞ。超わかりやすいです。

切り花菊をかわいく咲かせよう

8.アロエベラ



【植物の概要】

アロエのことです。

肉厚な葉をつけ、触ると「ぷにぷに」して大変よろしいのではないでしょうか。ヨーグルトに入っても良し、やけどに塗っても良しの万能植物。


可愛い見た目をしていますが、わんにゃんに毒性があるのでペットのいる家庭は注意が必要です。


【吸収する有害物質】

・ベンゼン
・ホルムアルデヒド


【育て方】

基本的にはサボテンの育て方と同じです。日当たりの良い所に置き、水はけのよい土を使用し、土が乾燥したら水を上げるといった感じでOKです。

9.まとめ



今回は「観葉植物」をテーマに解説しました。

空気清浄効果の高い植物ほどわんにゃんに「有害」で、空気清浄効果の低いものほど「無害」という傾向がありますね。

わんにゃんを飼っている家庭は「オリヅルラン」飼っていない家庭は「ポトス、ドラセナ、サンセベリア」がおすすめです。

空気を綺麗にしてくれる観葉植物が分かったぞ!私の家には「オリヅルラン」しか置けないな。まぁかじらなければ大丈夫か...。

 

 



【参考文献】

(1) ASPCA Poisonous Plants

(2)NASA Interior Landscape Plants for Indoor Air Pollution Abatement

-習慣
-

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.