徒然なる犬

健康、アンチエイジングの情報を中心に生活を豊かにする知恵を毎日紹介!

習慣

仕事が楽しくないないのはあなたにその仕事が合わないだけ

投稿日:

今回のテーマは「仕事と人生」です。

「仕事に行きたくない。辞めたい。本当に仕事を楽しいと思ってやってる人なんて存在するのかな。今はそんなの理解できない。仕事が楽しくなる方法があれば教えてほしい。」




「本記事では、こういった疑問にお答えします。」

本記事を読んでもらうことで、

今日からあなたの行動が変わります。

【もくじ】

 

1. 仕事が楽しくないのはあなたにその仕事が合わないだけ



仕事が楽しくないのは、あなたにその仕事が合っていないだけです。

なぜなら、人は「自分の成長」を感じることができたり、「成果」が出たり、自分の「好きなこと」をしているときに楽しいと感じるからです。


そのため、今の仕事が楽しくないと感じている場合は、

・成長が実感できていない
・成果が出せていない
・好きなことをしていない

上記のどれかが該当します。

「人の役に立てる仕事」は充実感があるし、仕事に生きがいを感じやすいと言われていますが、実際はそれにも相性があります。

職業柄、人に感謝されまくる「医療」「福祉」の仕事をしている知人が多くいますが、そのほとんどが「辞めたい」「早く休みが欲しい」と言っている現状があります。

必ずしも「人の役に立つ仕事=楽しい」とは限りません。というかそもそも仕事とは人の役に立って、幸せにして対価としてお金をもらうもので、ほとんどの仕事が人の役に立っていると言えます。

なので、結論は「今の仕事に価値を見出せるなら続ければいいが、そうでなければ転職する」これが本質かと思われます。

2. 辞めるかどうかは得られるスキルと時間で考える



「嫌なら辞めろ!」
というと身もふたもないので、少し話を深堀りして今の仕事に就き続けるにしろ、やめるにしろ、自分のためにベストな選択肢を選ぶ必要があるという話をします。

仕事を辞めるか、辞めないかは、

1.得られるスキル
2.得られる時間

この二つを起点に考えると良いです。

1. 得られるスキル

仕事を継続することで得られるスキルを考えましょう。

このときに得られるスキルは、

・他の会社でも通用するか
・自分の望む職業に就くためのスキルか

を基準に考え、この二つのどちらでもない場合は「転職」した方が無難です。どちらかを満たす場合は「継続」で、

・どうすればもっと成長しつづけられるか
・どうすれば今以上の成果を出せるか

上記を考えて実践すると、徐々に仕事が楽しくなってくると思われます。

しかし「考えてもワクワクしない。」「楽しくない。」という状況であれば、転職を検討した方が無難かと思われます。

2. 得られる時間

仕事中にどれだけ自己投資の時間がとれるか、悪く言えば「サボれるか」が重要になります。


これも大切な要素で、「将来就きたい職業」「望む生活」があるならば、それを実現するために "必要なスキル" を身に着ける時間、成果が出るまでのつなぎとして「サボれる時間」を確保することは人生において有効です。

そういった時間がとれる職場であれば、こそこそとスキルを身に着け、就職や独立ができるレベルになれば転職するといった方法も展開することができます。
 
「会社を利用するのは良くない!」、「サボるのは良くない!」という意見もあるかと思いますが、そんなことを言っていても「生活は変わりません。」

最低限の仕事をこなすのは当たり前ですが、そのうえで時間が作れるのであれば、人生設計に沿った自己投資をして、自分のスキルを磨いていくことが立派な「生存戦力」と言えるでしょう。

 

3. 好きなことを仕事にしないと生きていけない時代が来る



好きなことを仕事にしないと生きていけない時代が来ます。

これに関しては「ホモデウス」という名著や「ホリエモン」「ひろゆき」「イケハヤ」といったビジネスで成功を収めている人達が一貫して同じ主張をしています。

これもその通りで「好き」がないと競争の激化が推測される世の中で「高い専門性」を身に着けることが難しく、自らの "市場価値" が下がってしまうためです。また、

・継続性
・専門性

の観点や主観的に楽しいと思えるような仕事でなければ、今後「AI」に仕事が奪われるリスクのある現代では、自分の力で飯を食べていくことが難しくなります。

「自分のやりたいことが分からない。」という場合は、自分の「好き」はどうすれば仕事になるのかを考えてみると良いです。インターネットが普及した世の中ではどんなことでも仕事になります。

【好きと仕事例】
・ゲーム:プロゲーマー、実況者
・猫:猫グッズ販売、写真集販売、猫カフェ
・ハイキング:ハイキンググッズや体験の発信、動画配信
・旅行:ハイキングと同じ
・食べること:食べ歩きやオススメを発信。動画配信
などなど。
 

4. 生き方から働き方を決める



自分の望む生き方から働き方を決めましょう。

人生の大半は仕事です。その大半を占める仕事を嫌々自分のライフスタイルの最優先事項にするのはナンセンスかと思います。

「明日は仕事があるから早く帰る。」「仕事があるからいけない。」など、こういった働き方が自分の望む生活とかけ離れている場合は、この現状を打開するために自分の働き方を変える必要があります。


毎日通勤電車に揺られるのがいやなら、電車に乗らなくても良い働き方を模索する必要があるといった感じです。

インターネットが普及した現代では、家の中から一切出ずに生活費を稼ぐ人も大勢います。また、世界を旅しながらパソコン一つで仕事をする人もいます。

希望する働き方は千差万別ですが、自分の望む生活に近い働き方ができる職業を探してみることも仕事を楽しむ条件の一つだと言えます。

【具体例】
・家にいたい:インターネットビジネス、カフェオープン
・人の前で話したい:講演家、インフルエンサー
ものを作りたい:作品の情報発信、無償提供広告ビジネス
などなど

 

5. お金は大切



仕事を楽しむためには「お金」も大切です。

自分の生活レベルを意識的に下げていて、生活満足度の高い人なら必要はありませんが、"お金は人生の選択肢" を広げます。

もし、5億円当たったら働き続けますか?


この質問に対して「NO」なら、あなたがよりよい生活をするためにはお金が必要です。この質問に対して「YES」と言える仕事を見つけるためには、ある程度自由に使えるお金を保有する必要があります。

自分が挑戦するための時間を作るにも、生活を手に入れるにもすべてお金が必要になります。

そのため、好きなことを仕事にする際は「自分の生活費が稼げる+αのマネタイズ設計(稼ぎ方)」を意識しながら行動することが重要になります。

お金は「自分の生活を豊かにする最強のツール」なので、その最強のツールを獲得する術を兼ねた人生設計を考えていきましょう。

まとめ



今回は「仕事と人生」をテーマに解説しました。

本記事の内容を以下にまとめます。

  • 仕事には相性がある。自分が楽しくないと感じる場合は、「好きなこと」を仕事にしているか、その仕事を通して「成長」しているか、「成果」は出しているかを考えて、今の仕事に価値を見出せるなら続ければいいが、そうでなければ転職を検討する。
  • 今の仕事にサボれる時間があるならその時間を使って人生設計に沿った自己投資をしよう。人生設計が定まらない場合は以下の記事を参考にどうぞ。
  • 好きなことを仕事することは生存戦略。「好き」を仕事にする方法を考えていこう。
  • お金は人生の選択肢を広げる最強のツール。汚いものとは思わず、自分の夢をかなえるために活用していこう。

今回のまとめは以上になります。

今回の記事と関連のある記事を下記に貼っておきますので、参考にご一読ください。



仕事を楽しくする方法が分かったぞ!ぼくの場合は「転職」かな。勇気がいるけど、休みの日に人生設計を考えて行動してみよう!

-習慣
-,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.