脱☆情弱ステーション

年収250万の20代後半会社員が本気でセミリタイアを目指すブログ

習慣

コミュニケーション能力を鍛える方法【完全保存版】

投稿日:

今回のテーマは「コミュニケーション能力を鍛える方法」です。


コミュニケーションが苦手...。コミュニケーションが得意と言えるようになる "トレーニングプログラム" があれば知りたい。」

 

「本記事では、こういった疑問に答えます。」

本記事は以前公開した「コミュニケーション能力を鍛える方法」をまとめた記事になります。

コミュニケーションに不安のある方コミュニケーション能力を鍛えたい人必見の内容になっています。

【もくじ】



1.コミニュケーション能力を鍛える方法【姿勢編】



コミュニケーションを取る際に「姿勢」は非常に重要な要素で、その根拠となるものに「メラビアンの法則」というものがあります。

【メラビアンの法則】
・視覚:55%
・聴覚:38%
・言語:7%
そのため、コミュニケーションにおける「姿勢」は重要な要素になります。姿勢に関連する知識を身に着けるには以下の記事を参照にしてください。
 
 
 

2.コミュニケーション能力を鍛える方法【マインド編】



コミュニケーション能力をさせるには「思考」が重要です。

どんなに優秀なコミュニケーション技術を持っていようと「コミュニケーションが苦手。」という思考があれば、"生活の質" が向上することはありません。


コミュニケーションに必須の「思考方法」に関しては下記の記事にまとめてあるのでそちらをご参照ください。

 

3.コミュニケーション能力を鍛える方法【基礎編】



コミュニケーションの基礎は「人の話を聴くこと」です。これが欠けてしまうことで  "コミュニケーション自体が成り立ちません"

「人の話を聴く」さえしていれば、"最低限のコミュニケーション" は成り立ちます。

・言葉を発さない
・相手の方を見ない
・相手に触れない
言葉や視覚の情報が一部が欠落していても、こちらの主張や思いを相手に伝えることができます。
 
しかし、「相手の話を聴かない」という選択をとってしまうと、必然的に "コミュニケーションが崩壊" してしまいます。

 
そのため、「傾聴スキル」を最初に身に着ける必要があると言えます。傾聴力を身に着ける方法は以下の記事にまとめてあります。

 
 
 

4.コミュニケーション能力を鍛える方法【技術編】



話す能力は聴く能力同様「技術」なので、訓練することや考え方を身に着けることで鍛えることができます。
 
以下の記事で紹介する方法は "実践に特化した話す技術" です。そのため、本記事を読み終わったらすぐに実践してどんどん慣れていってください。
 
 
 
 

5.コミュニケーションを鍛える方法【肉体改造編】



不安や焦燥感なく対人関係を行う上で「体調管理」「体作り」は大切です。


体調管理や体作りを疎かにすることで、メンタルが悪化し、不安が出現し、自己肯定感が下がることで、コミュニケーション自体が怖くなってしまいます。
 
コミュニケーションに恐怖心を抱かないための体づくりは以下の記事にて解説しています。
 
 
 
 

6.まとめ



今回は「コミュニケーション能力を鍛える方法」をテーマに解説しました。

本記事で解説した内容を理解していただけたら、すぐに実践してください。知識はため込んでも実践しなければ腐ってしまいます。

そのため、まずは家族や友達からでも良いので、どんどん実践していきましょう!


コミュニケーションを鍛える順序と手法について理解できたぞ!今日から実践してどんどん能力を身に着けていくぞ!

-習慣
-,

Copyright© 脱☆情弱ステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.