脱☆情弱ステーション

年収250万の20代後半会社員が本気でセミリタイアを目指すブログ

未分類 習慣

コミュニケーションを鍛える方法【肉体改造編】

投稿日:

今回のテーマは「コミュニケーションと体調」です。


「" 不安 "になったり、" 自信 "がなくて、コミュニケーションが怖い。不安を和らげて自信をつける方法はない?

 

 

「本記事では、こういった疑問にお答えします。」

本記事を読んでもらうことで、

・不安を軽くする方法
・自己肯定感の上げかた
・効果的なストレス解消方法

について詳しくなってもらうことができます。

【もくじ】

 

1、 コミュニケーションを鍛える方法【肉体改造編】



今回はコミュニケーションを鍛える方法の「肉体改造編」です。不安や焦燥感なく対人関係を行う上で、「体調管理」「体作り」は大切です。

なぜなら、体調管理や体作りを疎かにすることで、メンタルが悪化し、不安が出現し、自己肯定感が下がることで、" コミュニケーション自体が怖くなってしまう "からです。

現代では、私たちの体に炎症を起こす食べ物や習慣がありふれています。それらの習慣に身を任せ、" 体内の炎症レベル "を引き上げてしまうとメンタルが悪化し、体調不良を引き起こします。

2013年の研究(1)では、「うつ病の症状が大きい人ほど、脳、腸の炎症と酸化ストレスが大きかった。」と報告されています。

最近では「うつ病は脳の炎症が原因ではないか?」という見解が主流になりつつあり、セロトニンやドーパミンの量が少ない人であっても健康的な精神状態を保つ人もいます(2)。

こういった背景からも、体内の炎症レベルを下げ、メンタルを安定化させることで、コミュニケーションに不安を感じることのない体調管理が必要であると言えます。

2.まずは食事を改善しよう



メンタルを改善するには、まずは" 食生活を改善する "必要があります。

カップラーメンやポテトチップス、ハンバーガーなどの「加工食品」が簡単に手に入る現代では、それらの食品摂取量が比較的に多くなります。

しかし、こういった加工食品は体内の炎症レベルを引き上げてしまうため常食することで、メンタルに悪影響を及ぼします。


そのため、可能な限り加工食品の摂取量を減らしていく必要があります。


今回は「コミュニケーション」がメインなのでその機序について詳しく解説しませんが、炎症レベルを下げるために「控えるべき食べ物」、「摂取すべき食べ物」を簡易的にまとめましたので、こちらを参考に食習慣を改善してみて下さい。

【控えるべき食べ物】
・菓子類全般
・揚げ物
・ソフトドリンク
・ファーストフード
 
【摂取すべき食べ物】
・野菜(なんでもOK)
・果物(なんでもいいが、おすすめはブルーベリー、パイナップル)
・タンパク質(卵、鶏肉、豚肉、牛肉など)
・発酵食品(納豆、キムチ、ヨーグルトなど)
・緑茶、コーヒー

 

3.運動を始めよう



運動をすることでメンタルの改善が期待できます。

運動には「ストレスを解消する効果」「炎症レベルを下げる効果」があり、具体的な運動量としては" 散歩を15分するだけ "でもストレスの解消や体内の炎症レベルを下げることができます。

 

メンタルの改善にお勧めの運動方法は、「筋トレ、散歩、HIIT」です。運動方法に関しては過去の記事にまとめてありますので下記をご参照ください。

 

筋トレで自己肯定感が上がる

筋トレをすることで自己肯定感を上げることができます。

自分の積み上げた努力を「体の変化」といった形で自覚することにより、自己肯定感を向上させることができます。

そして、2010年にジョージア大学で行われた研究では、筋トレとメンタルの改善について調査されています。調査の結果、筋トレを行うことで「不安や鬱症状、慢性疲労が改善した。」との結論が報告されています。

筋トレを生活に取り入れることで、「自己肯定感の向上」だけではなく、「不安やうつ症状」まで改善するのであれば、筋トレをしない手はありませんよね。

 

4.ストレス解消方法を見つけよう



ンタルを改善するには、ストレス対策は必須です。


ストレスが積み重なることで、体内に炎症が起こり「心や体」にさまざまな不調が表れます。そのため、自分にあったストレス解消方法を見つける必要があります。

科学的に、ストレス解消に効果があると言われているものは以下の通りです。

・呼吸
・森林浴
・瞑想
・ペットと遊ぶ
・ヨガ
・観葉植物の設置
・運動
などなど。

ストレス解消方法が確立していない方は、これらの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

実はストレスの溜まる解消方法

ストレスを解消する目的で実践していても、反対にストレスが溜まってしまう場合があります。

具体的には以下がそれらにあたります。

・ゲームのレート対戦
・スマホゲーム
・ゲームのレベル上げ
・ボードゲーム
などなど。

基本的に「勝敗が決まる」ようなものや「作業が必要となる」ものはストレスの原因となる場合があります。

そのため、ストレス解消を図る場合は上記のようなものではなく、" リラックスして行えるもの "にしましょう。

まとめ



今回は「コミニュケーションと体調」をテーマに解説しました。

本記事の内容を以下にまとめます。

  • 体内の炎症レベルが高いとメンタルが悪化し、コミュニケーションに" 支障 "がでる。
  • 食習慣、運動習慣を改善して、メンタルを改善していこう!
  • ストレスを解消する場合は勝負ごと作業系は避けよう

本記事の内容はこんな感じです。

基本的には、「加工食品の摂取量を減らし野菜やタンパク質をしっかり取ろう。そして、毎日運動もしよう。ストレス解消も意識しよう。」これを実践してもらえば、メンタルは徐々に改善していきます。

そして、シリーズ「コミュニケーションの鍛え方」は今回で終了になります。本シリーズで紹介した内容をすべて実践してもらえれば、必ずや「コミュニケーションが苦手」という意識を払拭できます。

日々の生活にコミュニケーションを多くとり入れていきながら、少しずつ「コミュニケーション技術」を獲得していきましょう。


" 不安を緩和する習慣 "について理解できたぞ!今日から筋トレを始めて、お菓子類もやめることにしよう!...やっぱり量を減らしていくように頑張る!

 

 




【参考文献】

(1) B.J.Rawdin,S.H.Mellon(2013), Dysregulated relationship of inflammation and oxidative stress in major depression

(2) Thomas H. Lewis, MD, Blaming the Brain: The Real Truth About Drugs and Mental Health 

-未分類, 習慣
-,

Copyright© 脱☆情弱ステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.