徒然なる犬

健康、アンチエイジングの情報を中心に生活を豊かにする知恵を毎日紹介!

習慣

好転反応なんて症状は嘘ですよという話

投稿日:

今回のテーマは「好転反応」です。


酵素のサプリ飲んでたら「好転反応?」が出てきた。熱も出たし頭が痛い...。いつまで続くのかな。好転反応ってどういうものなのか知りたい。



本記事ではこういった疑問にお答えします。

【もくじ】

 

1.好転反応なんて症状は嘘ですよという話


好転反応は、酵素ドリンクや化粧品を使用した場合に起こる "肌トラブルや発熱" などの体調不良のことで、たまった毒素を排出する際に "一時的に起こる良い反応" とされています。

しかしながら、「好転反応」には一切の "科学的根拠" がなく、副作用をも良い反応と言わんとする企業の売り文句である現状があります。


厚生労働省が公表する健康食品情報の冷静な受け止め方Q&Aでは、好転反応について以下のように明記されています。

 健康食品を食べて体調が悪くなったときに、「それは体の毒素が出ている時期」「反応が出るのは効果 がある証拠」などといって使用継続をすすめるのは、いわゆる「好転反応」のことを指しますが、表現自体が薬事法違反にあたります。「好転反応」に科学的根拠はありませんので、商品説明の表現として好転反応をうたうものには十分注意し、万が一、健康食品を摂取して体調が悪くなった場合には、すぐに使用を中止しましょう。使用中止や医療機関受診などの「適切な対応」が遅れれば、健康被害が拡大してしま うことも考えられます。「払ったお金がもったいない」などといって食べ続けた結果、病状がさらに悪化して しまったのでは、元も子もありません。


長い引用文で申し訳ないですが、厚生労働省、つまり国も「好転反応はデタラメ、その表現自体 “法律違反” だし、万が一症状出たらすぐにやめてね。」といった注意喚起をおこなっているレベルなんです。


そのため、「好転反応」という表現を使用する健康食品や美容記事には基本的に近寄らない方が無難です。

2.そもそも好転反応とは?


一般的に好転反応は、以下のような順番で起こると説明されています。

1. 筋肉の中に毒素が溜まる
2. 健康食品を摂取
3. 筋肉がほぐれる
4. 毒素が体の中に漏れだす
5. 体調不良発生

ざっくりいうと「筋肉に溜まった毒が食品の効果で体に出てくるよ。」という反応を指します。

突っ込みどころの多い機序ですが、そもそも筋肉は毒をためませんし、これが本当なら "リラックスして筋肉が緩むたびに体調を崩してしまう" ことになります。

そして、好転反応には大きく分けて "4つの反応" があると言われてます。

【弛緩反応】
体のだるさや眠気
【過敏反応】
・節々の痛み、吐き気
【排泄反応】
・強い便臭、尿臭
【回復反応】
・頭痛、心拍数の増加、発熱

この4つの反応が起こると言われていますが、ほぼ "すべての不調を羅列して反応名をつけただけ" です。


これによって食品や化粧品が体に合わなかったとしても「好転反応」と言い張ることができ、消費者に継続的に食品を使用させ続けることができます。


怖い仕組みですが、これが大まかな「好転反応の概要」になります。

3.好転反応と謳うサービス


好転反応はサービスを提供する "企業の言い訳であり、逃げ道" です。


好転反応と言う言葉が用いられやすい食品やサプリメントには傾向があるので、今回はそれらを解説します。

1.酵素系

酵素系の飲料や食品、または化粧品や酵素風呂などのサービスがこれに当たります。

そもそも "酵素はタンパク質" なので、口から摂取しても "胃酸でアミノ酸に分解される" ため体の中で酵素として働く事はありません。

そして、酵素系の食品やサービスでは、酵素の働きによって体内の毒素を体に排出するため好転反応が起きると説明されているケースが多いです。

食品や直接肌に塗るような化粧品で体調不良や肌トラブルが出た場合には "すぐに使用を中止しましょう"

2.デトックス系

好転反応という言葉が1番使われているジャンルではないでしょうか。

好転反応の定義が「体から毒素を出したときに一時的に起こる体調不良」なので、自然に関連づけることができるためによく用いられます。

デトックス機能が亢進したことでこういった症状が起こるとされますが、デトックスの過程でこういった症状が出現することはあり得ません。

デトックス系の飲料や食品には「好転反応」と言う説明書きがされている場合が多いので、食品選びには注意しましょう。


というより、デトックス系の食品や飲料自体 "ほぼ黒" なので、こういった健康食品はそもそも買わない方が無難です


デトックスに関しては過去の記事にて詳しく解説していますのでそちらをご参照ください。



マッサージ系

「エステ」「マッサージ」などのサービスでも好転反応と言う言葉が使われる場合があります。

そのほとんどは、マッサージオイルによる "湿疹" やマッサージ後にできる "皮膚の発赤" を好転反応と表現される場合が多いです。

こちらに関しても "薬品による皮膚トラブル" "強く圧迫したことによる肌のダメージ" なので、好転反応ではありません

そういったトラブルが出現した場合はすぐにマッサージやエステに通うことを中止する必要があります。

まとめ

今回は好転反応をテーマに解説しました。

今回の内容を下記にまとめます。

  • 好転反応には "科学的根拠" が一切なく、理論上も存在しないと言える。
  • 副作用や体調不良が出た場合、 "企業側に都合が良い言葉" が好転反応
  • 健康食品や化粧品、サプリメントを使用して体調不良が見られた場合はすぐに使用を中止すること。

今回の内容は以上になります。

基本的には、健康食品や化粧品を使って "体に不調が出たらもう使わない" を徹底すると「好転反応」という言葉に迷わされる事はありません。

「酵素、デトックス、マッサージ、セルライト」系のサービスは根拠なく実施されているものが多いので商品選びには注意が必要です。


好転反応はなかったのか。まだ残っていたからもったいないし飲んでたけど、効果がないならもう飲まないようにする!

 

-習慣
-, ,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.