徒然なる犬

健康、アンチエイジングの情報を中心に生活を豊かにする知恵を毎日紹介!

習慣

動物ごとの性格や特徴まとめ【クロノタイプ】

投稿日:

今回のテーマは「クロノタイプのライフスタイル」です。

 



 "クロノタイプごとの特徴や性格" について知りたい。会社勤めの私に合った、「生活習慣の見本」があればそれも知りたいな。



記事ではこういった疑問にお答えします。


【もくじ】

 

1.動物ごとの性格や特徴まとめ【クロノタイプ】


本記事は、以前投稿したクロノタイプごとの解説記事をまとめたものになります。

以前の記事を参考に、 "ライフスタイル" を改善している方は読み飛ばしてください。

"自分のクロノタイプが分からない" という方はこちらの記事をどうぞ。


ライオン型から順にクマ、オオカミ、イルカと解説していきます。

2.ライオン型

"ライオン型" は俗に「朝型」といわれるタイプで、全体の "15~20%がライオン型に属する" と言われており、基本的には以下の "性格や特徴" がみられます。

・生活型:朝型
・起床時間:5:30
・就寝時間:22:00
・集中できる時間:8:00~12:00
・性格:現実主義で楽観的、仕事熱心で一貫性がある


この特徴を見てもらえばわかる通り「The 朝型」といったところで、朝は早く起床し、夜間は早めに就寝するといったライフスタイル。

ライオン型のライフスタイルを意識して活用することで、ライオン型に該当する人は「生活の質」が向上します。

それでは、 "ライオン型のライフスタイル" を意識した生活の見本を確認していきましょう。

ライオン型のライフスタイル

ライオン型のライフスタイルのサンプルを紹介しますが、多数派である "企業に就職している人" を対象としたものになります。

このサンプルでは "8時に就労を開始" し、 "17時に終業" といった「ワークライフバランス」に焦点を当てて解説しています。


"始業時間""終業時間" に差がある方は、本記事を参考に自分でカスタマイズしながら実践してみてください。

ライオン型のライフスタイル例

ライオン型のライフスタイルの見本は以下になります。


【5:30:起床】
起床後は "6時半までに整容して朝食を摂る" ようにしましょう。 "プチ断食" を実施していて、朝食を抜いている方は食べなくても構いません。


【6:30:自己投資】
6時半から通勤時間までは "将来設計に沿った自己投資" を行い、スキルや実績などを積み上げていきましょう。朝が早いので、音楽活動に時間を使用する方は注意が必要です。


【8:00:就労開始】
ここから就労開始ですが、ライオン型が最も集中できる時間帯が「8:00~12:00」であるため、集中して業務に取り組みましょう。

作業を分割することができるなら、午前中にきつい仕事をこなして午後は比較的落ち着いた仕事ができるように調整するとベストです。

「9:00~10:00」の間に "コーヒーや緑茶などのカフェイン" を摂取すれば、集中力にブーストをかけることができます。


【12:00:休憩】
就労スタイルにもよりますが、大体が「12:00頃」から1時間程度 "お昼休憩" がもらえるのではないでしょうか。

極力集中力を使わない休憩方法をとり、20分ほど「昼寝」ができればベストです(30分以上の昼寝はNG)


昼寝をする際には "コーヒーナップ" と言われるテクニックを使うのもありかと思います。


□コーヒーナップとは?
仮眠前にカフェインを摂る方法で、昼寝をする20分前にコーヒーを飲み、カフェインの効き始める20分後に覚醒を促すといった手法。昼寝とカフェインの両方が脳の疲労物質である「アデノシン」を減少させる効果があるため "疲労回復効果" も見込める。



【13:00:午後の仕事】
午後からの仕事を始める時間帯です。就業のスタイルもあって、ここからは "休憩なしで終業まで働く" 人も多いのではないでしょうか。

午前中にきつい仕事を終わらせることができた場合は、ゆっくりと仕事を消化していくとかかる負担は少ないです。

通常通りの業務が必要な場合は、小さな休憩をはさみながら業務をこなしていくと吉です。


【17:00:就業+運動】
お仕事お疲れ様です。終業後は、退勤時間の都合もありますが、 "19:00までに15分以上の運動ができればベスト" です。


運動の内容は何でも構いませんが、「散歩、筋トレ、HIIT」などがおすすめです。


【19:00:夕食】
「18:00~19:00」の間に夕食が摂れると良いですが、勤務の関係上難しい場合は20:00の夕食でも構いません。極力 "就寝の3時間前" までに夕食は終えてしまいましょう。



【20:00:リラックスタイム】
20:00以降は、就寝までリラックスして過ごせると "睡眠の質" を向上させることができます。


可能であれば、就寝の2時間前から「ブルーライト」を避けることで睡眠の質の低下を防ぐことができます。

激しい運動や仕事、ゲームのレート対戦など "ストレスの原因" になったり、 "神経を高ぶらせるようなもの" は避け、就寝に備えることができればベストです。



【22:30:就寝】
「22:30」に眠りにつくことができるよう、自分が入眠できる時間を逆算してベッドに入れるとより良いです。

スマホの機種が「iPhone」の方は "ベッドタイム" を設定することで、就寝の15分前に「そろそろ寝る用意しなさい。」とiPhoneが促してくれるので、この機能を利用するのも効果的です。

22:30の入眠が難しい場合は「22:30」にはベッドに入れるように心がけましょう。

(※ベッドでスマホをいじるのはNGです。)

3.クマ型


クマ型は「昼型」といわれるタイプで、全体の "50%" がクマ型と言われており、基本的には以下の性格や特徴があるといわれています。

・生活型:昼型
・起床時間:7:00
・就寝時間:23:00
・集中できる時間:10:00~14:00
・性格:親切で親しみやすい、好奇心強く、人見知り


午前から午後にかけて活動が得意なタイプ「クマ型」。朝の早起きが辛かったり、夜更かしができない人はクマ型かもしれませんね。

クマ型のライフスタイルを意識して活用することで、クマ型に該当する人は「生活の質」が向上します。

それでは、 "クマ型のライフスタイル" を意識した生活の見本を確認していきましょう。

クマ型のライフスタイル

クマ型のライフスタイルのサンプルを紹介しますが、多数派である "企業に就職している人" を対象としたものになります。

このサンプルでは "8時に就労を開始" し、 "17時に終業" といった「ワークライフバランス」に焦点を当てて解説しています。

"始業時間" "終業時間" に差がある方は、本記事を参考に自分でカスタマイズしながら実践してみてください。

クマ型のライフスタイル例

クマ型のライフスタイルの見本は以下になります。

【7:00:起床】
起床後は "7時半までに整容して、7時半以後に朝食を摂れるとベスト" ですが、通勤の時間困上 "再現が困難" な場合は、ライフスタイルを全体的に早送りします。

具体的には、就寝時間を30分早めて6時半に起床。7時までに整容を終え、7時から朝食を摂るといった感じです。


通勤時間との兼ね合いを考えながら自分なりに生活をカスタマイズしてみてください。 "プチ断食" を実施していて、朝食を抜いている方は食べなくても構いません。



【8:00:就労開始】
ここから就労開始ですが、クマ型の人は "いまいちエンジンが入らないような状態" かと思います。少しずつ体を " 仕事モード" に切り替えながら業務をこなしていきましょう。


 "9時頃から徐々に集中力が上がってくる" ので、ここでコーヒーや緑茶などの「カフェイン」を摂取して、集中力に追い風をかけましょう。


「10:00~12:00」までは "集中力のゴールデンタイム" なので、一気に大変な業務を片付けてしまいましょう。



【12:00:休憩】
就労スタイルにもよりますが、大体が「12:00頃」から1時間程度 "お昼休憩" がもらえるのではないでしょうか。

昼休憩の時間をずらすことができれば、小さな休憩を取りながら集中力が持続する限り業務を続けるのもありです。

そして、昼休憩中は、極力頭を使わない休憩方法をとり、20分ほど「昼寝」ができればベストです(30分以上の昼寝はNG)


昼寝をする際には「コーヒーナップ」と言われるテクニックを使うのもありかと思います。

□コーヒーナップとは?
仮眠前にカフェインを摂る方法で、昼寝をする20分前にコーヒーを飲み、カフェインの効き始める20分後に覚醒を促すといった手法。昼寝とカフェインの両方が脳の疲労物質である「アデノシン」を減少させる効果があるため "疲労回復効果" も見込める。



【13:00:午後の仕事】
午後からの仕事を始める時間帯です。就業のスタイルもあって、ここからは "休憩なしで就業まで働く" 方も多いのではないでしょうか。

「14:00頃」までは "仕事のパフォーマンスアップ" が期待できるので、可能な限り集中して業務をこなします。集中が切れた後は適度に休憩を取りながら残りの業務を淡々とこなしましょう。



【17:00:就業】
お仕事お疲れ様です。終業後はリラックスしながら仕事の疲れをいやしていきましょう。


【18:00:運動】
「18:00~19:00」の間に15分以上の運動ができればよりよいです。運動の内容は何でも構いませんが、「散歩、筋トレ、HIIT」などがおすすめです


【19:30:夕食】
「19:00~20:00」の間に夕食が摂れるとベストです。極力 "就寝の3時間" 前までに夕食は終えてしまいましょう。



【20:00:リラックスタイム+自己投資】
20:00以降は就寝までリラックスして過ごすと "睡眠の質" を向上させることができます。可能であれば、 "就寝の2時間前からブルーライト避ける" ことで睡眠の質を確保しましょう。


また、 "将来設計に沿った自己投資" を行い、スキルや実績などを積み上げていきましょう。夜間なので、音楽活動に時間を使用する方は注意が必要です。


激しい運動や仕事、ゲームのレート対戦など "ストレスの原因" になったり、"神経を高ぶらせるようなもの" は避け、就寝に備えることができればベストです。


【23:00:就寝】
「23:30」に眠りにつくことができるよう、自分が "入眠できる時間を逆算" してベッドに入れるとより良いです。

スマホの機種が「iPhone」の方は "ベッドタイム" を設定することで、就寝の15分前に「そろそろ寝る用意しなさい。」とiPhoneが促してくれるので、この機能を利用するのも効果的です。

23:00の入眠が難しい場合は「23:00」にはベッドに入れるように心がけましょう

(※ベッドでスマホをいじるのはNGです。)

4.オオカミ型


「オオカミ型」
は午後に活動力が上がる「夜型」といわれるタイプで、全体の "15~20%" がオオカミ型と言われています。基本的には以下の性格や特徴があります。

・生活型:夜型
・起床時間:7:00~7:30
・就寝時間:24:00
・集中できる時間:15:00~18:00
・性格:気分屋で創造性が高い。やる気の上下が激しい


午後から活動力があがる「オオカミ型」朝の早起きが辛いけど、夜更かしは案外できてしまうといった方はオオカミ型かもしれませんね。

2.オオカミ型のライフスタイル

オオカミ型の「ライフスタイルの見本」を紹介しますが、多数派である "企業に就職している人" を対象としたものになります。

このサンプルでは "8時に就労を開始" し、 "17時に終業" といった「ワークライフバランス」に焦点を当てて解説しています。


"始業時間""終業時間" に差がある方は、本記事を参考に自分でカスタマイズしながら実践してみてください。

オオカミ型のライフスタイル例

オオカミ型のライフスタイルの見本は以下になります。

【7:00~7:30:起床】
起床時間は、7時でも7時半でもどちらでも構いません。自分が生活しやすい時間帯を選択してもらえればOKです。

【7時起床の場合】
7時半までに整容し、7時半以後に朝食を摂れるとベストです。

【7時半起床の場合】
8時までに整容し、8時以後に朝食を摂れるとベストです。


しかしながら、通勤時間の都合上 "これらの再現は困難" だと思われます。その場合は "ライフスタイルを全体的に早送り" します。

具体的には、就寝時間を30分早めて6時半に起床。7時までに整容を終え、7時から朝食を摂るといった感じです。

通勤時間との兼ね合いを考えながら "自分なりにカスタマイズ" してみてください。 "プチ断食" を実施していて朝食を抜いている方は食べなくても構いません。


【8:00:就労開始】
ここから "就労開始" ですが、オオカミ型の人は "夕方から活発になるタイプ" なので、少しずつ体を "仕事モード" に切り替えながら業務をこなしていきましょう。

仕事の合間に "体を動かす時間" が摂れるのであれば、軽くスクワットなどをして "交感神経を高ぶらせる" のもありです。

11時からは "カフェインで集中力が上がりやすい" ので、コーヒー、緑茶などを取り入れて一気に午前中の仕事を終らせてしまいましょう。



【12:00:休憩】
就労スタイルにもよりますが、大体が「12:00ごろ」から1時間程度 "お昼休憩" がもらえるのではないでしょうか。

そして昼休憩中は、極力頭を使わない休憩方法をとり、20分ほど「昼寝」ができればベストです(30分以上の昼寝はNG)

昼寝をする際には「コーヒーナップ」と言われるテクニックを使うのもありかと思います。

□コーヒーナップとは?
仮眠前にカフェインを摂る方法で、昼寝をする20分前にコーヒーを飲み、カフェインの効き始める20分後に覚醒を促すといった手法。昼寝とカフェインの両方が脳の疲労物質である「アデノシン」を減少させる効果があるため "疲労回復効果" も見込める。



【13:00:午後の仕事】

午後からの仕事を始める時間帯。就業のスタイルもあって、ここからは "休憩なしで就業まで働く" 方も多いのではないでしょうか。

午後からは "徐々に仕事のパフォーマンスがアップしていく" ので、15時までは休憩をはさみながら業務をこなし、15時から就業までは "きつい仕事を一気に終わらせる" といった働き方で乗り切りましょう。


【17:00:就業】
お仕事お疲れ様です。この時間帯に「まだまだ働けるよ!」という場合は、明日の仕事に着手するか、 "自己投資" に時間を使うと有効な時間利用ができます。


【18:00:運動】
18:00頃から19:00の間に15分以上の運動ができればよりよいです。運動の内容は何でも構いませんが、「散歩、筋トレ、HIIT」などがおすすめです。



【19:00:夕食】

「19:00~20:00」の間に夕食が摂れるとベストです。極力 "就寝の3時間前" までに夕食は終えてしまいましょう。


【20:00:自己投資】
「20:00」からは "将来設計に沿った自己投資" を行い、スキルや実績などを積み上げていきましょう。夜間なので、音楽活動に時間を使用する方は注意が必要です。


【22:00:リラックス】
就寝まで「リラックス」して過ごすことで "睡眠の質" を向上させることができます。可能であれば、就寝の2時間前から "ブルーライト避ける" ことで睡眠の質を確保しましょう。

激しい運動や仕事、ゲームのレート対戦など "ストレスの原因" になったり、 "神経を高ぶらせるようなもの" は避け、就寝に備えることができればベストです。


【24:00:就寝】
「24:00」に眠りにつくことができるよう、自分が "入眠できる時間を逆算" してベッドに入れるとより良いです。

スマホの機種が「iPhone」の方は "ベッドタイム" を設定することで、就寝の15分前に「そろそろ寝る用意しなさい。」とiPhoneが促してくれるので、この機能を利用するのも効果的です。

24:00の入眠が難しい場合は「24:00」にはベッドに入れるように心がけましょう。

(※ベッドでスマホをいじるのはNGです。)

5.イルカ型


イルカ型は「不眠型」といわれるレアタイプで、全体の "10%" がイルカ型と言われています。基本的には以下の性格や特徴があるといわれています。

・生活型:深夜型
・起床時間:6:30
・就寝時間:23:30
・集中できる時間:17:00~19:00
・性格:神経質で完璧主義、知性的であり保守的


基本的には "いつでも活動できる" といったタイプが「イルカ型」です。早起きもできるし、夜更かしも大丈夫という人はイルカ型かもしれませんね。

イルカ型のライフスタイル

イルカ型の「ライフスタイルの見本」を紹介しますが、多数派である "企業に就職している人" を対象としたものになります。

このサンプルでは "8時に就労を開始" し、 "17時に終業" といった「ワークライフバランス」に焦点を当てて解説しています。


"始業時間" "終業時間" に差がある方は、本記事を参考に自分でカスタマイズしながら実践してみてください。

イルカ型のライフスタイル例

イルカ型のライフスタイルの見本は以下になります。

【6:30:起床】
起床後は "7時までに整容し、7時以後に朝食を摂れるとベスト" です。 "プチ断食" を実施していて朝食を抜いている方は食べなくても構いません。

通勤までの時間に運動ができる場合は "15分以上の運動" をおすすめします。運動の内容は何でも構いませんが、「散歩、筋トレ、HIIT」などがおすすめです。


【8:00:就労開始】
ここから就労開始です。イルカ型の人は朝からでも "淡々と業務をこなせる" かと思います。


9時頃からはコーヒーや緑茶などの "カフェイン" を摂取することで、集中力に追い風をかけることも可能です。


【12:00:休憩】
就労スタイルにもよりますが、大体が「12:00ごろ」から1時間程 "お昼休憩" がもらえるのではないでしょうか。

そして、昼休憩中は、極力頭を使わない休憩方法をとり、20分ほど「昼寝」ができればベストです(30分以上の昼寝はNG)。


昼寝をする際にはコーヒーナップと言われるテクニックを使うのもありかと思います。

□コーヒーナップとは?
仮眠前にカフェインを摂る方法で、昼寝をする20分前にコーヒーを飲み、カフェインの効き始める20分後に覚醒を促すといった手法。昼寝とカフェインの両方が脳の疲労物質である「アデノシン」を減少させる効果があるため "疲労回復効果" も見込める。



【13:00:午後の仕事】
午後からの仕事を始める時間帯。就業のスタイルもあって、ここからは "休憩なしで就業まで働く" 方も多いのではないでしょうか。

基本的には「17:00」に向けて仕事のパフォーマンスが上がっていくので、小さな休憩をはさみながら業務をこなし、「なんだか調子が上がってきた!」と感じた時に集中して業務に取り掛かりましょう。


【17:00:就業】
お仕事お疲れ様です。この時間帯に「まだまだ働けるよ!」という場合は、明日の仕事に着手するか "自己投資" に時間を使うと有効な時間利用ができます


午前中に運動ができなかった場合はこの時間帯に運動しておきましょう。


【19:00:夕食】
「19:00~20:00」の間に夕食が摂れるとベストです。極力 "就寝の3時間前" までに夕食は終えてしまいましょう。


【20:00:自己投資】
20:00からは "将来設計に沿った自己投資" を行い、スキルや実績などを積み上げていきましょう。夜間なので、音楽活動に時間を使用する方は注意が必要です。


【21:30:リラックス】
就寝までリラックスして過ごすと "睡眠の質" を向上させることができます。可能であれば、就寝の2時間前から「ブルーライト」避けることで睡眠の質を確保しましょう。

激しい運動や仕事、ゲームのレート対戦など "ストレスの原因" になったり、 "神経を高ぶらせるようなもの" は避け、就寝に備えることができればベストです。


【23:30:就寝】
「23:30」に眠りにつくことができるよう、自分が "入眠できる時間を逆算" してベッドに入れるとより良いです。

スマホの機種が「iPhone」の方は "ベッドタイム" を設定することで、就寝の15分前に「そろそろ寝る用意しなさい。」とiPhoneが促してくれるので、この機能を利用するのも効果的です。

23:30の入眠が難しい場合は「23:30」にはベッドに入れるように心がけましょう。

(※ベッドでスマホをいじるのはNGです。)

まとめ

今回は「クロノタイプのライフスタイル」をテーマに解説しました。

人には様々な "ワークライフバランス" があるので、一概に「このライフスタイルがいいよ!」と勧められない現状がありますが、今回紹介した例を参考に、 "自分好みにカスタマイズ" してもらえればと思います。



ライフスタイルの見本がすごく参考になったぞ!私は "ライオン型" だから、朝に "自己投資" の時間が多く取りながら自分なりに生活をカスタマイズしていくといいな。

-習慣
-, , , ,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.