徒然なる犬

生活を豊かにする知恵や気になる話題を毎日更新!

習慣

オードリー春日のダイエット方法「ファイラ」が痩せない理由

投稿日:

今回のテーマは「オードリー春日のダイエット方法」です。


オードリーの春日が紹介してる「ファイラ」は痩せるの? "食事管理も運動もしないで痩せる" のは本当?




本記事ではこういった疑問にお答えします。

【もくじ】

 

1. オードリー春日のダイエット方法「ファイラ」が痩せない理由


インターネット広告や雑誌でも有名になっている「ファイラマッスルHMB」。以下の広告記事でも、

・食事管理なんて絶対したくない!
・毎日運動するのはムリ
・とにかく楽に理想のカラダになりたい


引用:43歳の私を夢の40キロ台に導いてくれた『オードリー春日の女性にオススメの短期ダイエット法』がスゴイ! 

という方を対象に宣伝しており、 "ダイエットに効く!" と注目を集めていますが、ファイラマッスルに "ダイエット効果" はありません。

なぜなら以下の理由があるからです。

・HMB,BCAAに "体脂肪を減らす効果はない" 
・HMB,BCAAは "普段の食事で十分量摂れている" 
・インディアンデーツに "体脂肪を減らす効果はない" 

これらの理由から、 "ファイラにはダイエット効果がない" と言えます。

そして、「HMB」,「BCAA」,「インディアンデーツ」について詳しく知っている方は少数であるとも思われます。

なので今回は、これらの成分について詳しく解説し、 "商品の必要性を自分で判断できるようになること" を目標として話を進めていきます。

まずは「HMB」の概要とその性質から大まかに見ていきましょう。

2. HMBってなに?


HMBに関しては以前に、下記の記事で詳しく解説しています。下記の記事をご一読いただければ、HMBについてはある程度詳しくなってもらえるかと思います。


今回は大まかにHMBを要約して解説します。

1.ロイシンの代謝産物である

HMBは、「ロイシン」というたんぱく質が代謝された後にできる物質で、普段の食事からたんぱく質を摂取すれば "HMBが不足することはありません"


つまり、 "サプリメントから摂取する必要がない" ということになります。

2.3つの効果がある。

HMBには3つの効果があります。

1.筋肉の合成促進
2.筋肉の分解抑制
3.筋肉の細胞膜が安定する

 

1. 筋肉の合成促進

筋肉の合成が促進されるため、 "筋肉がつきやすくなります"


普段 "運動していない人ほど筋肉がつきやすくなります" が、これは普段運動していなかった人が "HMBを摂取してそのあとエクササイズに励んだ場合" です。


エクササイズをしないで筋肉がつくことは非常に難しいです...。

2. 筋肉の分解抑制

HMBには "筋肉の分解を行うスイッチを切る" 働きがあります。これにより、「筋肉の消耗を抑える」ことができますが、飲むだけで痩せることには繋がりません。

エクササイズをしたうえで筋肉を保つため "高齢者の筋肉減少予防" には一役買いますが、 "飲むだけで痩せるといった効果はありません" 。

3. 筋肉の細胞膜が安定する

筋肉の細胞膜が安定するということは、細胞から "たんぱく質が漏れ出すことを防ぐ効果" があるということ。


つまりは筋肉の維持に一役買うということです。


これら3つの効果を見てもらえばわかると思いますが、基本的にHMBには、

・筋肉の合成を助ける
・筋肉の消耗を抑える

以上の二つの効果があります。

エクササイズを行い筋肉をつけながら、HMBを摂取することで "筋肉の発達に有用" ではありますが、 "エクササイズを行わないダイエット" に効果的とはお世辞にも言えないところです。

3. BCAAってなに?


BCAAに関しても、下記の記事で詳しく解説しています。下記の記事をご一読いただければ、BCAAについてはある程度詳しくなってもらえるかと思います。


今回は大まかにBCAAを要約して解説します。

1. 必須アミノ酸から構成される

BCAAは必須アミノ酸である

・バリン
・ロイシン
・イソロイシン

から構成されており、筋肉中のたんぱく質の「35%」がBCAAで構成されています。


基本的に "筋肉の構成にかかせない物質" ですが、普段の食事から必要量摂取されているので、 "サプリメントを飲む必要はありません"


食品でいうと「卵2個、牛肉70g」程度のタンパク質量で必要量摂取できます。タンパク質から摂取する方が「栄養価」「コスト」の面からも最適解かと思われます。

2. 多くの研究でその効果が認められている

疫学研究では以下の効果が認められています。

・筋肉の合成に寄与
・筋肉痛の緩和
・筋肉の回復を助ける
・筋肉量の減少を防ぐ

といった感じで "HMBと似た効果" を持っています。ざっくりと効果をまとめるなら、

・筋肉の合成を助ける
・筋肉回復を助ける
・筋肉消耗を抑える


といったところです。

大まかにはこの「3つの効果」があると理解してもらえれば間違いはないです。


しかし、これらも "エクササイズを行っていることが前提" の話で、高齢者の筋肉消耗を抑えるためにサプリメントを摂取する分には理解できますが、若者が "ダイエット目的でサプリメントを摂取する必要性" は見出せません。

普通に「卵や鯖缶」などでタンパク質を摂取している方が、綺麗に痩せられるのではないかと思います。

BCAAで太るかもしれない

 "BCAAで太るかもしれない" という研究も報告されています。

これに関しては動物実験の段階なので、はっきりしたことは言えませんが、 "BCAAを制限されたマウスは痩せた" と報告されています。

そのメカニズムは、BCAAの摂取量が減ることで "基礎代謝が上がり体脂肪量が減少した" といわれていますが、結局のところ "人間でも同じ効果が見られるのかは謎" です。


しかし、こういった研究も出ているので、わざわざBCAAのサプリメントをダイエット目的で飲む必要はないかなと思います。

4.インディアンデーツってなに?


知っている人の方が少ないと思われる食品。私も知らなかったので、少し調べてみました。


米国農務省の国立栄養データベースによると、インディアンデーツの栄養価は以下になります。

【タマリンド(T.インディカ)100 gあたりの栄養価】
・エネルギー:239.00 Kcal
・炭水化物:62.50 g
・タンパク質:2.80 g(アミノ酸スコア82%)
・食物繊維:5.10 g 13%
(ビタミン、ミネラル)
・ナイアシン:1.938 mg
・パントテン酸:0.143 mg
・チアミン:0.428 mg
・ビタミンA:9㎍
・ビタミンC:3.5mg
・ビタミンE:0.1 mg
・ビタミンK:2.8μg
・ナトリウム:28 mg
・カリウム:628 mg
・カルシウム:74. mg
・マグネシウム:92. mg
・リン:113.mg


この栄養価を見る限り、カロリーあたりの "ビタミンは少ないがミネラルは割と豊富" 、そして食物繊維の量もいい感じです。

他にも、インディアンデーツには以下のような効果(1,2)があります。

・下剤効果
・抗炎症効果
・抗酸化効果
・心臓病予防
・抗菌作用

「心臓病予防」「抗炎症作用」「抗酸化作用」に関しては、インディアンデーツに含まれる "ポリフェノール" が影響しているんだろうなと思う所存。

下剤効果に関しては「リンゴ酸、酒石酸、カリウム」が豊富であるためで、現地でも "伝統的に下剤として使用" されていたとか。

そして、このインディアンデーツですが、抗酸化作用などはありますが、 "体脂肪を減らす効果も代謝を上げる効果もありません "

加工でどれだけメリットが減るか

このインディアンデーツですが、錠剤に加工されているため、多くのメリットを失っていることが推測されます。

錠剤に加工するということは、 "熱を加える" ということで、ビタミンやポリフェノールは壊れ、その量は "激減" していると考えられます。


そして "食物繊維も大幅に減少" していることが推測されるので、この状態のインディアンデーツを摂取する "必要性は全く感じられない" ですね。

まとめ

今回は「オードリー春日のダイエット法」をテーマに解説しました。

前述した情報から総合的に結論を出すと "タンパク質をしっかり摂って運動をすること" が必要で、ファイラは飲むだけで痩せる「魔法の薬」ではありません。


HMBやBCAAの体内量はタンパク質を摂取することで増やすことができますし、インディアンデーツに関しては、加工してある状態のものを食べる必要性は感じられないです。

結局のところ、ダイエットを成功させるためには "エクササイズと食事管理は必須" です。魔法はありません。


「飲むだけで痩せる!」と謳う商品は蔓延しているので、こういった商品の購入を検討する際はよく考える癖をつけましょう。

 


やはり "うまい話" はなかったのか...。今日からダイエットのために "毎日運動する習慣" をつけていくぞ!







【参考文献】

(1) PinarKuru(2014),Tamarindus indica and its health related effects

(2)Department of Pharmacology, Shri Ram Institute of Technology-Pharmacy Jabalpur, M.P., India(2011),Tamarindus indica: Extent of explored potential

-習慣
-, ,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.