徒然なる犬

健康、アンチエイジングの情報を中心に生活を豊かにする知恵を毎日紹介!

習慣

電子レンジは体に悪い!?その健康被害を詳しく解説!

投稿日:

先日私の友人が「電子レンジって体に悪いんでしょ?極力使わないようにしてるんだけど。」と話していました。その主張は、電子レンジから出る電磁波が脳に悪いとかなんとか。

「電子レンジ 健康」で検索しても、ごまんと出てくる電磁波被害の質問。
やはり、みんな気になるところなのね…

そこで今回のテーマは、「電子レンジの健康被害」です。
これについて詳しく解説していきます。

電子レンジは体に悪い?その健康被害を詳しく解説!


そもそも電子レンジの何が悪いと言われているのか。

それはマイクロ波(電磁波)にあります。

マイクロ波はテレビ、携帯電話などの通信にも使用され、光と似た性質を持っています

例えば、金属にあてた場合は反射されガラスは透過するといったもの。

マイクロ波にはもう一つ性質があり、水分を含む物質、例えば、食べ物、液体の場合はマイクロ波のエネルギーを吸収して熱に変わります。

電子レンジで食べ物が温まるメカニズムはここにあり、食べ物にマイクロ波を浴びせることで熱が発生しホカホカになるといったところですね。

そして、このマイクロ波の熱に変える性質が体に悪いのではないかと言われているわけです。

先に結論から申し上げますと、電子レンジを使っても健康被害はありません。
安心して使っていただければと思います。

その理由について本文で詳しく解説していきます。

【記事を読むメリット】

・マイクロ波の概要が分かる
・今日から気持ちよく電子レンジが使える

 

 

【もくじ】
1.マイクロ波の健康被害
2.電子レンジの健康被害
①マイクロ波
②放射性物質
3.まとめ
 

1マイクロ波の健康被害

まずはマイクロ波の健康被害から解説します。
冒頭でもマイクロ波を浴びることで、水分を含むものは温まると話しました。

人間の体もマイクロ波を浴びてしまえば熱を帯び、細胞が死んでしまうのではないかと不安になってしまうところです。

もちろん人間の体もマイクロ波を浴びると細胞の中で熱を生み出します。その中でも眼球のような血液量が少なく、温度調整機能が弱い場所や睾丸などの温度に敏感な場所は、強いマイクロ波を浴びた場合熱による損傷を受けやすいと言います。

ポケットに携帯電話を入れると精子が死ぬと噂されているのは、熱に弱い睾丸がマイクロ波で温められ熱損傷で死ぬと言われるためです。

しかし、実際のところ精子は死にませんし、携帯電話のマイクロ波に健康被害はありません。携帯電話のマイクロ波については別の記事で解説しますね。

それでは、電子レンジのマイクロ波の健康被害を見ていきましょう。

2電子レンジの健康被害

電子レンジの健康被害は二つの側面からささやかれています。

  1. マイクロ波の影響
  2. 放射性物質の影響

マイクロ波に関しては前述していた通り、物質に熱を作るものです。

電子レンジから出るマイクロ波の量は2.45Ghz(ギガヘルツ)と言われていて超高濃度のマイクロ波です。この濃度のマイクロ波を浴びてしまえばまず死んでしまうでしょう。

しかし、高濃度と言われる電子レンジのマイクロ波が健康被害をもたらさない理由があります。それらを一つずつ見ていきましょう。

① レンジ内から漏れないように作られているから

電子レンジのマイクロ波はレンジ内から漏れないように作られています

少し前もマイクロ波は光に似た性質をもっていると話しました。中のマイクロ波を反射させ閉じ込めるために、金属製の内装にガラス窓で構成されています。

電子レンジのガラス窓には網目状のものが埋め込まれていることと思います。あれは「鉄」でマイクロ波を通さないための工夫となっています

鉄の網目が大きくて心配になるところではありますが、電子レンジのマイクロ波の波長は約12㎝でそれよりも小さい穴は通り抜けられない性質があります(1)。そのためマイクロ波がレンジ内から漏れることはありません

ちなみに電子レンジは、開閉時に自動で運転が停止するように作られているので、開閉時のマイクロ波の影響も気にしなくていいです。

②マイクロ波強度が5mW/cm2以下

見慣れない単位ですが日本の基準では、電子レンジ本体から5センチ離れた場所は5 mW/cm2以下ののマイクロ波を出さないように規制されています。

5 mW/cm2以下と言われても理解しにくいですが、2014年の研究(2)では、5 mW/cm2以下のマイクロ波に健康的な被害は見られないと結論付けられてます

また、2016年放射線科学技術センターらの研究(3)では、「5 mW/cm2も出てないよ、平均すると3.64mW/cm2くらい」と報告されています。

5cmの範囲といえば大体親指一本分くらいの距離。上記の研究からも普通の使いかたをしている分に害を考えなくてよさそうです。

また、WHO 国際電磁界プロジェクト(4)の内容からマイクロ波による熱損傷を引用しますと、

 

「熱損傷は、電子レンジ周辺で測定されるレベルを十分に上回る非常に高い電力レベルに長時間ばく露された場合にしか起きないでしょう。」


とのこと、基本的には電子レンジのマイクロ波による健康被害は心配しなくてよさそう。

おそらく、稼働中の電子レンジに顔を張り付けても問題ないと思われますが、特別な理由がない場合以外は通常の使用方法でレンジを扱いましょう

③放射性物質

電子レンジで温めた水は放射性物質が残っているから危ない」など、食品そのものに放射性物質が残るのでは?と考える例ですね。

これも心配いりません

電子レンジで調理された食品が「放射性物質」になることはないです。また、電子レンジのスイッチを切った後、レンジの中にも食品にもマイクロ波のエネルギーが残ることはありません

マイクロ波の性質は光に似ていると話しましたが、電気を消して光が残らないのと同じように、レンジを停止した後のレンジ内にマイクロ波は残らないので安心して召し上がりください

【今回のまとめ】

今回は電子レンジの健康被害を見ていきました。
今回の内容を以下にまとめます。

・マイクロ波の健康被害は心配しなくてよい
・食品に放射線物質はのこらない
・気持ちよく電子レンジをつかいましょう


こんな感じです。
電子レンジに恐れず、気持ちよく使用していただければ幸いです。


【参考文献】

(1)メカライフ編集学生委員,日本機械学会誌(2003),知って納得メカランド電子レンジ編

(2)John J. McGill,Ashok Agarwal(2014),The Impact of Cell Phone, Laptop Computer, and Microwave Oven Usage on Male Fertility

(3)Center for Radiation Science and Technology, Al-Quds University(2013),Radiofrequency radiation leakage from microwave ovens.

(4)WHO 国際電磁界プロジェクト,情報シート(2005),電磁界と公衆衛生
電子レンジ 

 

-習慣
-, ,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.