徒然なる犬

生活を豊かにする知恵や気になる話題を毎日更新!

食事

こんなにすごい!?オリーブオイルの驚きの効果とは!?

更新日:

前回の記事では、市場のオリーブオイルは偽物で溢れているよ!
という事を書きました。

【前回の記事】

オリーブオイルに潜む闇、オリーブオイルのほとんどは偽物!?

今回はオリーブオイルの健康的な効果について話していきます。

こんなにすごい!?オリーブオイルの驚きの効果とは!?


オリーブオイルには4つの種類があり、最上位の物をエキストラヴァージンオリーブオイルと呼ぶことを前回の記事でもお話しました。

今回の記事はエキストラヴァージンオリーブオイルを前提とした健康効果となります。それでは、その健康効果を見ていきましょう!

【この記事を読むメリット】

・オリーブオイルの健康効果を知ることができる
・オリーブオイルに含まれる成分の概要が分かる
・生活の中にオリーブオイルを取り入れたくなる

 

1.血圧を下げる効果がある

オリーブオイルが高血圧に効くというのは有名な話で、

オリーブオイルを摂取することで降圧剤(血圧を下げる薬)の必要性がなくなるのでは?という事を調べた研究(1)もあります。
これは、オリーブオイルを飲んだ23歳の高血圧に悩む男女が、6カ月後には大幅に血圧が下がり、降圧剤治療が必要なくなったというもの。

降圧剤が必要なくなるほどの効果があるとは...
相当な効果が期待できそうです。

そして、オリーブオイルをかけて野菜を食べることで血圧を安定させる効果が、2014年の研究(2)でも報告されています。
これは、野菜の硝酸塩とオリーブオイルの不飽和脂肪酸が結びつくことでニトロ脂肪酸になり、このニトロ脂肪酸が血圧を下げるというメカニズム。

オリーブオイルでドレッシングを自作したり、オリーブオイルで野菜の炒め物を作ることでニトロ脂肪酸効果が得られますね!

高血圧は血管の老化に繋がり、細胞の老化、心疾患の原因ともなります。
アンチエイジング心疾患のリスクを下げるためにもオリーブオイルを普段使いの油にするのがいいですね。

2.抗酸化物質が豊富

オリーブオイルには以下の4種類の抗酸化物質が含まれております。

  1. ビタミンE
  2. ポリフェノール
  3. クロロフィル
  4. オレイン酸

これらを一つずつ簡単に解説していきます!

1.ビタミンE
「アンチエイジングに効く!」で世間を騒がせている有名ビタミン。
ナッツ類に含まれている脂肪酸が酸化しないのは、ビタミンEに強い抗酸化作用があるからだったりします。
サプリのビタミンEは早期死亡率が上がるので注意したいところ。

2.ポリフェノール
ポリフェノールは植物の苦みや色素の成分です。
8000種類以上の抗酸化物質が混ざりあって構成されており、様々な実験で効果が実証されています。抗炎症、心疾患予防、がん予防等健康効果は書ききれないのでまた、別の記事で紹介します。

3.クロロフィル
美容に詳しい方だと聞いたことあるかな?
これは「葉緑素」のことです。
抗酸化、抗炎症、抗アレルギー効果があり、
スピルリナという名前のサプリで販売されていたりもします。

4.オレイン酸
オレイン酸はオメガ9脂肪酸と言われるもので不飽和脂肪酸の一種です。
オリーブオイルに66%含まれており、
免疫システムの正常化、コレステロール値の低下、抗炎症効果が期待できます。

以上のような健康効果のある抗酸化物質が含まれております。
日々の食事に取り入れて抗酸化物質をわがものにしよう!

3.善玉コレステロールの機能が上がる

善玉コレステロール(HDLコレステロール)は血管にこびりついた悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を回収する役割があります。

しかし、善玉コレステロールは多ければ健康にいいわけではなくて、その機能が高くなければ早期死亡率が上がったり(3)、機能しなくなったものは血管を傷つけて炎症を起こしたり(4)と機能の低い善玉コレステロールは種々の疾患リスクと老化を促進させてしまいます。

悪者側に寝返った感じでしょうか...

しかし、ここであきらめてはいけない!

そこで、オリーブオイル!!

オリーブオイルのポリフェノールが善玉コレステロールの機能を上げる(5)という論文があります。これは1日25mlのオリーブオイルを47人の男女に飲んでもらい、その経過を3週間追ったもので、

1.ポリフェノールが多いもの
2.ポリフェノールが少ないもの

上記2種類のオリーブオイルを飲んでもらったんですね。

すると、参加者の善玉コレステロールが増えていなかったにもかかわらず、ポリフェノールの多いオリーブオイルを飲んだグループの善玉コレステロールの機能が上がった様子。

これは、オリーブオイルのポリフェノールがリポタンパク質と結合することで、善玉コレステロールを酸化ダメージから守ったことが原因みたいですね。

「オリーブオイルが善玉コレステロールに効く!」というよりは、オリーブオイルに含まれるポリフェノールが善玉に効くんですね。

4.がん予防効果がある

これは、地中海式のダイエットと乳がんの相関関係(6)を調べた論文で、「PREDIMED」と呼ばれる、地中海式ダイエットの研究データを用いたものです。(※PREDIMEDはカリフォルニアくるみ協会のPDFがわかりやすく説明しています。)

この実験は、60~80歳の心疾患のリスクが高い女性4282人を対象に行われたもので、以下の3つのグループに分けて5年間経過を観察しました。

  1. エキストラヴァージンオリーブオイル50mlと地中海食
  2. ミックスナッツ30gと地中海食
  3. 脂肪を減らすアドバイスを受けた食事

以上のグループを5年後に比較したところ

オリーブオイルグループの乳がん発症率が62%減少していた!

オリーブオイルすごいな...

同論文にはエキストラヴァージンオリーブオイルの摂取量が5%増えるたびに乳がんリスクが28%減少し、その効果は総カロリー摂取量の15~20%の人が最も乳がんのリスクが低いとのこと。

女性の方は特に、積極的にエキストラヴァージンのオリーブオイルを取った方がよさそうですね。

5.便秘解消効果がある

オリーブオイルが排便を助けるという考え方は古くからありました。

便秘に関しては食事だけでなく、運動や習慣を変えて立ち向かうのが筋ではありますが、以下のような研究もあります。

これは、オリーブオイルとアマニ油が便秘治療に効果がある(7)ということを調べた研究で、便秘に悩む68人の男女を3グループに分け検証しています。

  1. オリーブオイル
  2. アマニ油
  3. ミネラルオイル

これらを1日4mlずつ飲んでもらい4週間の経過を追ったもので、その結果は。

  1. オリーブオイル群の約63%が便秘改善
  2. アマニ油群の約55%が便秘改善

どちらのグループも半分以上の人が便秘改善していますね。
1日4mlというと小さじ1杯くらいの量。
そのまま飲むのは辛いし、便秘の時はコーヒーにでも混ぜて飲もうかしら。

【今回のまとめ】

今回はオリーブオイルの健康効果について見ていきました。

オリーブオイルってこんなに健康にいいの!?
と思われた方も少なくないことでしょう。

オリーブオイルのオススメに関しては以下の記事で紹介しています。

【オリーブオイルに潜む闇、オリーブオイルのほとんどは偽物!?】

他にも、地中海式の食事がアルツハイマー病のリスクを減らすということも報告されていたり、オリーブオイルの健康効果には夢がありますね!

そして、上記5項目の効果が見込めるのでこの機会にオリーブオイルを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。



【関連記事】

・健康のために何をすればいいかわからない...?それならまず油を変えるんだ!

・オメガ6脂肪酸はなぜ体に悪いのか?

・オメガ6脂肪酸を減らすためのガイドライン

・オリーブオイルに潜む闇、オリーブオイルのほとんどは偽物!?

-食事
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.