徒然なる犬

生活を豊かにする知恵や気になる話題を毎日更新!

食事

オメガ6脂肪酸を減らすためのガイドライン

更新日:

前回の記事ではオメガ6脂肪酸の悪影響について見ていきました。

【前回記事】

オメガ6脂肪酸はなぜ体に悪いのか?

オメガ6脂肪酸を減らすためのガイドライン


効果的にオメガ6脂肪酸減らしていくにはどのような生活習慣にすればいいのか。理論的には簡単で、やめていくだけなのです。

具体的には、普段から菓子類や加工食品を常食している人はそれを控えるといったところですね。

簡単にやめろと言われても難しいので、まずは何かに置き換えたり、控えたりすることでその摂取量が減らせれば大きな第一歩になると思います。その方法についても記事で記載していますので是非目を通してみてください。

【この記事を読むメリット】

・オメガ6脂肪酸の減らし方が分かる
・オメガ6脂肪酸が多量に含まれている食品が分かる
・記事の内容を実践するとアンチエイジング、ダイエットも期待できる
 

1.まずは食用油を変えよう

以前もお話したと思いますが、食用に使用しているサラダ油やキャノーラ油は店頭に並んでいる時点で酸化している状態です。

酸化した種子油(酸化したオメガ6脂肪酸)を摂取することで体内に炎症が起こり、「様々な健康的弊害が起きる!」といったことを前回の記事では伝えさせてもらいました。

そして、まずは普段使いしているサラダ油をオリーブオイル、ココナッツオイルに変えよう!

というご提案です。

オリーブオイルには心疾患を予防する効果(1)があったり、癌を抑制する効果が高い(2)と言われています。

しかし、オリーブオイルには偽物問題もありますので、次回の記事にて、早急にお知らせしようかと思います。

そして、ココナッツオイルには中性脂肪を減らす効果があったり、インスリン抵抗性の改善(インスリンが効きやすくなった)(3)という報告もあります。

ココナッツオイルについても後の記事で詳しく紹介しますね!

オリーブオイルもココナッツオイルも健康に有益な効果がたくさんあります。

しかし、ココナッツオイルで料理するとアジアンな風味になるので、万人うけするとしたらオリーブオイルかな?

この機会に食用油を変えてみてはいかかでしょうか?

2.菓子類は控えよう

実は菓子類には多量の酸化したオメガ6が使用されています。

以下を見てください。

これは一般的なクッキーの成分表示です。

この「植物油脂」というのが酸化したオメガ6にあたります。

そう、普段私たちが何気なく食べる食品のほとんどに酸化したオメガ6が潜んでいるのです。

そして、これも見てください。

ポテトチップスの成分表示です。

成分表示は記載されている順番に、その素材が多く使われています

例えば、ポテトチップスでは「じゃがいも」が一番多く使われており、次いで「植物油」が多く使用されていることが分かります。

この成分表示からもポテトチップスを食べることで体の炎症が亢進してしまうことが分かりますね。

私は不健康であった当時、毎日のようにポテトチップスや菓子類を食べていたため「お腹はポッコリ」、「顔はニキビだらけ」、「身体はいつもかゆい」という状態でした。

今考えるとオメガ6の過剰摂取も原因となって体が炎症で燃え盛っていたんだろうな...

オメガ6はほかにも「マーガリン」、「ショートニング」と呼ばれるトランス脂肪酸として含まれていることが多いです

トランス脂肪酸については農林水産省のHPが分かりやすく解説しています。

そして、実際にお店で菓子類の成分表示を見てみてほしい!

「植物油脂」や「マーガリン」が入っていない食品の方が少ないことに驚かれるかと思います。

そのため、小腹がすいたらゆで卵、焼き芋、フルーツ等を食べるようにすると良きです。

3.成分表示を見る癖をつけよう

成分表示については先ほどもお伝えしましたが、

その重要性を見ていこうかと思います。

下の画像を見てください。

オリーブオイルと岩塩。

「なんて体によさそうなドレッシングなんだ!」と思いません?

事実私はそう思っていました。

そして裏の成分表示を見てみたのです。

現材料名:食用植物油脂(オリーブ油13%)

(オリーブ油13%)...

なんとな!!

つまりは、酸化したオメガ6脂肪酸87%とオリーブオイル13%という事なんですよ。

なんと恐ろしい...

自分達が食べているものを把握するということはとても大切です。

成分表示をみてから食べる習慣をみにつけるようにしていきましょう。

4.揚げ物は控えよう

なんとなく察しがついたと思いますが、酸化した油を高温調理することでさらに酸化させ、その油を大量に摂取する食事方法が揚げ物になります。

「遅いファーストフード」という異名を欲しいままにしているのにはこういった理由があったんです。

「どうしても揚げ物が食べたい!」というかたは少しでもダメージを減らすためにオリーブオイルで揚げましょう

(かくいう私も、どうしても揚げ物が食べたいときはオリーブオイルで上げております...)

5.外食は控えよう

外食で使用されている食用油は単価の安いサラダ油が一般的です。

例外的にオリーブオイルを使用している店舗もあるため一概には言えませんが、オメガ6からの曝露を避けるために、

「外食はたまに行く」くらいに考えた方が良きですね。

ちなみに、惣菜の調理にもサラダ油は使用されているため、可能であれば極力自炊することをお勧めします。

【今回のまとめ】

オメガ6脂肪酸の摂取を極力避けるという健康方法は、

健康器具等を買わなくても良く、やめるだけで健康になれる方法です。

コストはかからないどころか、常食していた菓子類や総菜を買わなくなり、自炊傾向になるため、むしろ節約的です。これを実践しない手はないでしょう。

「急にやめる!」というのは辛くて続きにくいので、

・甘いものが欲しくなったらフルーツ、焼き芋

・小腹がすいたらゆで卵

置き換えていくことで徐々に加工された食品を控えていけるようにしよう!今回は、オメガ6脂肪酸の摂取を減らすガイドラインについて紹介しました。

【関連記事】
健康のために何をすればいいかわからない...?それならまず油を変えるんだ!

 

-食事
-, , , , , , , ,

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.