徒然なる犬

健康、アンチエイジングの情報を中心に看護、介護への展開方法も考察!

雑記

私という人間の紹介

更新日:

プロフィールを拝見していただきありがとうございます。

早速ですが、自己紹介をさせてもらいますね。

 

名前:ゆーでぃ

年齢:26歳

住まい:滋賀県

趣味:猫と遊ぶ、ゲーム、筋トレ、読書、健康器具やサプリを身体に試す

現在は猫と嫁と二人と一匹暮らし(犬欲しい)。

23歳で看護師、保健師となり現在も勤務中。

私の歴史×ブログ開設のきっかけ】

当時(23歳以前)の主食は菓子類

朝はパイのみファミリーパックを平らげ、昼はコンビニのちぎりパンと甘いジュース夜ご飯はキノコの山を主食にコンビニの惣菜、カップラーメンを食べ、夜食には雪見大福やポテトチップスを毎日のように食べる...

そんな生活を長年続けておりました。

睡眠、栄養も満足に取らず、顔にはいつも複数のニキビをつくり、2週間に1度は新しい口内炎を作り、1週間かけて治癒する毎日を繰り返していました。

朝起きればいつも疲れており、一日中疲れた体を引きずって仕事をこなし、メンタル面も悪化していきます。

もともと人見知りが強い方ではありましたが、

メンタルが悪化した影響で、異常に人から嫌われたり、変に思われることが怖くなっていきました。

そして、人とコミュニケーションを取ることが怖くなりますが、

看護師、保健師という仕事をしている性質上、人とコミュニケーションを取ることは必須であり、それが業務の一つとして組み込まれています。

そのせいで仕事が段々嫌いになり、毎日人と関わることに恐怖しながら暮らしていたのです。

そんなある日、

当時彼女であった嫁が料理を作りに来てくれることとなりました。

それから、栄養価の高いものを食べるようになり体調の変化に驚きます。

「なんだ...?体調がいつもよりいい気がする...。もしかして食べるもので体調はここまで良くなるのか...?」

そう...保健師でありながら食事の威力に気づいた瞬間でした。

顔中がニキビだらけになるのも、

口内炎ができるのも、

朝起きて体がツライのも...

全て定められた私の運命だと思っておりました。

それを変えることができると気付いた私は、

その運命に抗うべく「健康」について勉強をするようになりました。

科学的に良いとされていることは片っ端から試し、食べ物の栄養価や食品表示なども気にするようになったのです。

やがて、主食であったお菓子は口にしなくなりました。

「栄養」「運動」「習慣」から健康に働きかけることで、顔からニキビが消失し、口内炎ができなくなり朝の疲れが和らぎメンタル面も安定していきました。

そして、私のように健康で悩む人に幸せになってほしい、さらに健康なりたいという二段構えの欲望を叶えるためにこのブログが立ち上がりました。

よろしくお願いします!

-雑記

Copyright© 徒然なる犬 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.