手書きで書いた方が良い

いいこと日記は手書きで書こう!

いいこと日記は文字で直接書いた方が良いのはなぜ?

いいこと日記の最初のページに書いてある「いいこと」法則10がありますが、

そこの9番の所に自分の字で書く習慣が大事というコラムがあります。

iikotonikkitegaki

その理由は、科学の発展やらメールの登場やらで、

以前よりも自分で字を書く機会が減っているからと書かれています。

これはいいこと日記だけでなく、全ての日記に共通して言えることだと思います。

自分で字を書く機会が減ると脳が老化してしまう

自分で字を書く機会が減るとまずいのは、脳が老化するからです。

これを聞いて正直ギョッとしました^^;

実際、私もスマホやパソコンでメールやらチャットやらブログやらしてますが、

予測変換とかすごい多用してしまっています。

そのせいか、漢字を間違えたりすることが増えたと実感しています…。

これでも漢検2級なんですが、正直すごい漢字が書けなくなったなぁとほんとに思います。

正直高校の時の方が、漢字力は優れていたと思っています。

(今は部首を間違えたり、漢字が思い浮かばないとかもあります)

例えば新年の挨拶も年配の方は今も年賀状もはがきで送ってると思うんですが、

私の年代(20代)になるとあけおめメールが主流になってます。

(LINEとかでもすぐにメッセージが送れてしまうので)

ですので、若い世代はますます字を書く機会が、上の世代の方と比べて失われています。

「スマホとかPCでもタイピングしとけば、老化防止になるんじゃ?」

という意見もありそうですが、

タイピングと文字を手書きで書くのは脳への刺激量がかなり違います。

後者の方が圧倒的のようで、やはり「書くことが一番いい」みたいです。

なので、ネット上のブログで日記をつけるのと、

紙の日記帳を買ってそこに書き込むのはかなり違うということです。

私もこれはかなり実感してます。

というのもタイピングだとどうしても指先だけで、

キーボードのキーを押すだけなので、正直楽なんです。(笑)

ただ、文字を書くとなるとペンを握って、紙の上で字を思い出しながら、

出来る限り丁寧に書くというように、タイピングよりも神経を研ぎ澄まさないといけません。

なので、日頃から脳に多くの刺激を与えるようなことをしておくと、

将来差がついて認知症防止になる可能性もあります。

認知症は今大きな問題になってますが、私たちの世代(20代)が将来80代になったら、

医学の発展にともなって、認知症とか無くなってるんでしょうか…。

そうだったら良いのですが、もしそうならなかった場合に備えて、

今からでも日記を書く習慣をつけておいた方が断然良いと思います。

字で書いた人の心理状態が分かる

さきほど書いた「字を書いて若いうちから老化を防止する」というのもメリットですが、

更にもう1つメリットがあります。

筆跡でその人の心理状態が分かるので、

日記の文字を見返すことで自分のメンタルヘルスの状態を把握することが出来ると言うものです。

私はこっちもかなり役立つんじゃないかなと思っています。

筆跡と言っても、こういう字を書く人は●●な性格だとか、

ああいう字を書く人は△△な性格だとか、そういう性格診断ではなく、

字の乱れが心の乱れや焦り、不安を表しているというものです。

これは以前書いた部屋の乱れと心の関係の記事と似たような感じで、

筆跡や字の乱れでその人の心理状態が分かります。

これも普段丁寧で綺麗な字を書く人ほど見抜きやすくなります。

そのような人が急に字が乱れたりすると、何らかの不安や焦り、イライラのせいで、

字が乱れてしまっている可能性が高まります。

もちろん字が綺麗に書けない、字を書くのが苦手という方でも、

字を丁寧に書いている時と字を乱雑に書いている時の違いは、

案外はっきり分かることが多いです。

私も2013年のいいこと日記は結構ひどかった思い出があります^^;

今はもうその日記は断捨離してしまって手元にはないんですが、

当時ストレスフルな状態でしたので、字がかなり乱雑になってました。

それが2014年の3月に一度落ち着いたんですが、

その後資格の試験もあって色々焦っていたこともあり、

去年のいいこと日記も全体的に字はあまり綺麗な状態ではありませんでした。

日記を手書きの文字で書いてあれば、それを読み返すことで

文字の乱れている時期と文字が乱れていない時期が出てくるかもしれません。

そこから自分がどういう時に心理的に弱くなるのか、不安になりやすいかも分かるようになります。

タイピングだと誰がうっても同じ文字が出るので、このような心理状態を把握することはできません。

これは、手書きの文字でしか分からないことなので、

日記を手書きで書くことで自分の精神状態を客観的に見る指標にすることが可能です。

文章ではいいことを書いていても、

文字の乱れによって本当は焦っているor不安などの本当の自分の心が見えてくるのでオススメです。

まとめ

やっぱりいいこと日記は手書きで書いた方が良いですね。

私はいいこと日記を何かで代用しようとは考えた事がなかったんですが、

パソコンでいいこと日記をつける(ブログとかで)よりも、

紙の日記の方が色々とメリットが大きいような気がします^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする