いいこと日記

いいこと日記ってどんな日記?

いいこと日記の詳細について

1416629133943

←の画像は私が今(2015年2月現在)使っている書き込み式いいこと日記です。

エッセイストの中山さん監修のもので、自分で書いて完成を目指す日記帳です。

「夢が叶う」や「幸せ探しが上手くなる」など評判が良く、

実際にamazonのレビューを見ても高評価です。

(amazonの商品ページへはこちら
から)

リピーターの人も多いみたいです。ちなみに私もリピートしてます^^

中身はどんな感じ?

1423232136768

肝心の中身ですが、こんな感じです。

画像は5月の所を映していますが、1月から12月まで1年(12か月)分あります。

月の初めごとに表紙があって、そこにちょっとしたコメントが書かれています。

月ごとに色が違うんですが、結構カラフルで良い感じです。

ちなみに2015年版だと2月は薄い赤色でした。

1423232149369

表紙をめくった次にあるページです。左側がカレンダーになっていて、右側がやりたいことや欲しい物をメモする欄になっています。

カレンダーには楽しみにしている日や記念日を書きこむようになっていて、やりたいことメモにはいきたい場所や欲しいもの、イベントなどを書きこんで、実現したものにはチェックをしていきます。

自分との約束の欄には、その名の通り自分との約束を書きます。(笑)

1423232156768そして、一番大事な日記の欄!まだ何も書いていないのでまっさらですが、これがそのうちとても賑やかになります。

右の画像は上で紹介したページをめくった次にあるページです。

まず月の初めだと、左上の方にフリースペースがあります。

ここは自由スペースのようなもので、その日の気分によって自由に書きたいことを書いていきます。私は月の目標を書いたりしています。

そしてその下にあるいいことを書く欄ですが、1日につき4行書く行があって、

大体1日に4つずつその日にあったいいことを書くというものです。

もちろん、4つも書けないという方は無理をする必要はなく、1つだけでもOKです。

逆にたくさんあるという方は、たくさん書いてもOKです。書き方や使い方は自由です。

更に右側のページはグリッドページになっていて、ここもフリースペースのような感じなんですが、

グリッドがあるので、ダイエットのグラフなどとしても活用しやすいと思います。

1423232163330そして、月の最後にあるページですが、右側のように毎月のまとめをします。 

書くことは感動した本や映画、その月に見つけたすてきな言葉、うっとりしたこと、がんばったこと、笑ったこと、感謝してる人などなど。

いいことMVPというのもあり、その月にあった一番いいことを書く欄もあります。

いいこと日記の中身は大体こんな感じになります。

いいこと日記の効果~私が1年間つけてきて変わったと思った4つのこと~

いいこと日記が、100%万人に通用するという訳ではないと思いますが、

続けることによって幸せに目を向けられるようになる人は多いと思います。

私が実際に2013年の11月から1年ほど書いてきて「変わった」と実感したことをまとめておきます。

幸せを感じる瞬間が増えた

いいこと日記を付ける前は、

良い事があっても「こんなの大したことない」「全然良い事でも何でもない」

と否定的に考えてしまうくらい、自分の中の幸せを感じるハードルが非常に高かったです。

ですが、1年間どんな些細なことでも良いのでいいことを日記に書く習慣をつけると、

些細な幸せに対しても目を向けられ、そこから幸せを感じることができるようになりました。

例えば「今日は晴れて空が綺麗」だとか「お風呂につかれて気持ち良かった」だとか。

一見、本当にどうでもいい些細なことや当たり前のことかもしれませんが、

このような小さいことから幸せを感じるようになれれば人生を幸せに生きる上でプラスになります。

また、人はポジティブなことを日記に書くだけでも幸福度が上がることが最近の研究で判明しています。

人生の幸福度を高めたい方にいいこと日記はとてもオススメです。

運が良い事が増えた

いいこと日記をつけ始めて、現金3万円が当選したり、1000円の本が50円で買えたり、

ラッキーなことがよく起こるようになりました。

これは引き寄せの法則と深く関連していますが、

自分が幸せな気分で居ると、幸せな出来事が周りに引き寄せられてきます。

そのため、幸せな気分で居る事は引き寄せの法則の観点から考えても非常に良いです。

↓詳しいことは以下をご覧ください。

いいこと日記を書き続けると幸せな出来事をどんどん引き寄せる

自分を好きになれた(自己評価が高まった)

「自分は全然恵まれていない」「自分の周りは悪いことだらけ」「自分は不幸だ」

という思い込みも、いいこと日記で変えることが可能です。

いいこと日記を続けることで、探せば自分の周りにいくらでも

恵まれている所や幸せな出来事がたくさんあることに気付けます。

それに伴って、自分の良い所や長所にも気づけるようになります。

自分のダメな所や欠点・短所にだけ目が行ってしまい、

自分が嫌いだったり自信を喪失している人は、

いいこと日記で自分の長所や良い所を認め受け入れられるようになります。

自己評価が低いor自己受容が出来ないと、

メンタルヘルスに関連した様々な問題やうつなどの症状が出るので、

幸せにかつ精神的に豊かに生きるために自己評価の高さや自己受容は非常に重要です。

↓関連記事

人生を生き辛くする認知の歪み10個:前編~人生に疲れやすくなる物事のとらえ方~

人生を生き辛くする認知の歪み10個:後編~ストレスがたまりやすくなる物事のとらえ方~

なりたい自分がはっきりしてくる

自分のやりたいことや好きなことがはっきりしてくる

私も実際に書いていて思ったことですが、

本当に好きなことややりたいことは何度も繰り返し日記に書かれている場合が多いです。

日記をつける前までは気づかなくても、

日記をつけ始めてから「あれ?そういえば●●っていう単語がよく日記に出ている」

というように、文字にして初めて気がつくケースも多いです。

ですので、いいこと日記をつけることで、

今まで気付かなかったような新しい発見があるかもしれません。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする