自分に自信がない人は物を増やしやすく減らしにくい

スポンサーリンク
広告336

自信のない人は物を増やしやすく捨てられない

こんばんは、リコです^^

今日は自信のない人は物を捨てにくいという話です。

物を捨てられない人の性格や特徴ですが、

基本的に自信がない人ほど物をためこんでしまいがちでかつ物を捨てるのが苦手です。

その理由ですが、自分に自信のない人は「自分に価値がない」と感じています。

人は自分自身に価値がないと感じると、自分の価値を高めようとする行動に出ます。

つまり、自分の価値の低さを別の何かで埋め合わせしようとします。

人から良く見られたいという欲求から物を増やしてしまう

自分の価値の低さを何かで埋め合わせしようとする時にどのような行動を取るかは人それぞれですが、

その中の1つに物をかき集めるという行動があります。

要は、物をたくさん持つことで社会的に価値の高い存在になろうとするというものです。

価値観は人によって色々なので、100%相手から高い評価を下されるという保証はないですが、

基本的に物を多く持っていると周りからは「豊か」とか「恵まれている」と評価されることが多いです。

実際に着飾らないで居る人よりも、

高級ブランド品や宝石やアクセサリーを付けている人や車を所有している人の方が、

セレブやお金持ちと思われやすいです。

ですので、物を多く所有することで、

セレブだとかお金持ちだとかの社会的に見て高いステータスや評価を得ることが出来ます。

見栄で物を持ったり、不要な物を大量に持つ人は

このように自分の無価値感や自信のなさを、

物を大量に所有することで補おうとすることを真の目的としています。

つまり、自分の価値を高めるための道具という目的で大量に物をかき集めています。

あまりにも自分に対する無価値感が強い人は、

お金がないのに後先考えずローンを組んで高級品(ブランド物や高級な装飾品など)を買ってしまい

後からお金を払えずに借金→更に高級品を買う→更に借金という悪循環に陥りやすいです。

自分の価値が下がってしまうのが怖くて物が捨てられない

手放すのが怖くて物が捨てられないというのがありますが、

これも手に入れた物を自分の価値の一部と認識してしまうので、

物を手放すと自分の価値が下がってしまいます。

そうなると、自分の価値が下がることが怖くなり物に依存してしまいます。

すると、なかなか物が捨てられなくなってしまうというものです。

これが進むと自分の部屋が汚部屋になったり、

さらに酷くなると部屋だけでなく家全体がゴミ屋敷と化してしまう可能性もあります。

なので、たかが自信がないだとか、自己評価が低いだけと甘く考えていると、

気付いた時には大変なことになってしまっていた…ということも考えられるので、

自分の心の状態には十分注意した方が良いですね。

まとめ

まとめると、

自分に自信にない人は物を捨てられない不要なものを買い込んでしまう傾向があるということです。

これが悪化すると(今よりも更に自己評価が下がる)、

  • 物を捨てられない→汚部屋やゴミ屋敷
  • 不要な物を買い込んでしまう→買い物依存症

となるので、かなり深刻な問題になってきてしまいます。

今日はここまでです。ここまで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする