シンプルライフは難しい?~シンプルライフを続けるのに必要な価値観と意志~

スポンサーリンク
広告336

シンプルライフを続けるのは難しい?

こんにちは、リコです^^今日はバレンタインデーですね。

私はあげる予定も貰う予定もありません>< というわけでブログ更新していきます。(笑)

今日は「シンプルライフを継続するのは難しいのか?」に関しての記事です。

私は個人的に価値観や意志さえしっかりしていれば続けられるんじゃないかなと思います。

「じゃあ、どんな価値観や意志が必要なのか」という話になってくると思うので、

それについて考えていきたいと思います。

シンプルライフを続けるために必要な価値観や意志

「(不要な)物を持てば持つほど豊かでは無くなる」という価値観

「物がたくさんある=豊か・幸せ」というイメージがよく浮かびますが、

物がたくさんあっても管理が大変になるだけで、むしろ時間や労力を浪費してしまう事が多いです。

もちろん、それだけではなくて物を買うお金も浪費してしまいます^^;

特に車なんか維持費を考えると恐ろしいですね。

お金はたまらないけど、無駄なストレスはたまる上に貴重な時間も奪っていく。

それが本当に心の底から大好きなものであれば良いですが、そうでなければ手放した方が良いと思います。

つまり、要らない物を持つと不幸になりやすいと言うことです。

逆に物が無さ過ぎても不幸(例えば食べるものすらない)になるかもしれませんが、

日本という国にずっと住むつもりであれば、こっちの心配はする必要はないと思います。

何でもかんでもとにかく物があればあるほど豊かになるのではなく、

むしろ逆で、たくさん物をかき集めてしまうと逆にそれに縛られることになるので、

あなたにとってその物以上に価値があり大切なものをどんどん奪われます。

こう考えると、私は完全にシンプルライフに徹することができますね。(笑)

↓あともう1つだいぶ前に書いた記事ですが、こちらもどうぞ。

物を持たない暮らしを継続するための強烈な一言

この記事には1つの質問文が書かれているんですが、

私はその質問の答えがはっきりとNOだったため、出来る限り物は持たないようにしています。

周りからの評価に流されない意志

断捨離ブームやシンプルライフが海外で流行ってるなど色々言われてますが、

実際にそういうライフスタイルを続けている人は少ないんじゃないかと思います。

ネット上のブログを検索すれば、割とシンプルライフやミニマリストの人のブログは見つかるので、

少なくともネット上では「あ、結構いるんだなぁ」ってなるんですが、

日本の全人口の何%がそれに該当するのか、要はリアルではどれくらいいるのかを考えると、

私個人としてはやっぱりほとんどいないんじゃないかな?という印象です。

特に私の年代(20代前半)は、周りを見ていてもシンプルライフ実践者なんて1人も居ません。

もちろんミニマリストも居ません。(笑)

私の友人たちもそうですが、若いというのもあってか断捨離どころか、

物をどんどんかき集めてしまうような感じでお金をどんどん使ってます。

これは数か月前に実際にあった話ですが、

大学院で断捨離の話を30代後半の教授と20代の同期・後輩の5人に話したんですが

全員「ふぅ~ん」という感じでした。

もちろん私の話がつまらないというのもあると思いますが、

他の人のブログで合コンでシンプルライフの話をしたら引かれたというのを聞いて、

やっぱり世間一般から見たら、ズレてると思われてるのかなと思いました^^;

となると、シンプルライフ実践者、ましてやミニマリストレベルになってくると、

かなりマイノリティな存在ということになります。

マイノリティ(少数派)となると1つ問題点が出てきます。

周りの目を気にするために、シンプルライフを続けにくくなってくるというものです。

シンプルライフが多数派であれば、

「シンプルライフやってる=変に思われる、引かれる」となっても

少数派からの評価なので押し切れる可能性はまだ高いです。

ですが、マイノリティの場合「シンプルライフやってる=変に思われる、引かれる」となると、

多数派からの評価なので、周囲から逸脱するのが怖いor変に見られるのが嫌だという理由で

「やっぱり普通の生活に戻そう」となりやすいです。

なので、続けるためにはそれなりに周りに流されない強い意志が必要になってくると思います。

私は、今のところシンプルライフを止める気はないですし周囲の目はあまり気になりません。

結局はシンプルライフを続けようとする本人次第だということになります。

あとがき

今回はシンプルライフ継続のための意志と価値観について話しましたが、

物を集めてしまう人にはもっと様々な心理的原因が考えられます。

今後はそっちにも焦点を当てていきたいですね。(衝動買いをしてしまう理由や捨てられない心理など)

ここまで読んでくださってありがとうございました!^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする