車の色で事故率は変わる!~安全な車の色って何色?~

こんばんは、リコです^^ 今日は心理学の話です。

せっかく心理学を6年も勉強した身なので、

その知識をちょくちょくこのブログでも公開していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告336

車の色と事故率について

事故率が下がる安全な車のボディーカラーは?

kurumananiiro

新しく車を購入しようとしている人は、

何色の車にしようか迷うことがあるかもしれません。

(かなり高い買い物なので慎重に選ぶ人も多いと思います)

そんな車選びで迷っている人にぜひ知っておいてもらいたいのですが。

なんと!

車の色の中にも事故率が低くなる色があります!

何色だと思いますか?

答えはもう言っちゃいますが、暖色系の色です。

暖色系の色を選ぶと事故率は下がるという統計があります。

なので、オレンジピンクあたりがオススメです。

ピンクは特に女性に人気な色だと思うので、

偶然選んだ車の色が事故率を下げる色だった人も多いかもしれません。

何故暖色系の色の車は安全なの?

心理学というよりは認知系(脳科学とかそういう類)の話になるんですが、

例えば、暖色系の色の車が自分の運転する車のすぐ前を走っているとします。

この時に、前を走っている車の色が暖色系の色だった場合、前の車との車間距離が近く見えます

なので、後ろのドライバーの人は

「車間距離をあけて走らないと!」

と思い、前の車との距離を開けて走るようになります。

これが事故率を下げている主な原因になります。

なので、自分の運転している車が暖色系の場合、

後ろのドライバーの人は距離を取ろうとするので、

後ろから追突される事故は発生しにくくなります。

ただし、暖色系の車に乗っていて他の車からは追突されにくくなっても、

自分から他の車に追突してしまう可能性は変わらないのでご注意ください。(笑)

逆に事故率の高い車の色は何色?

「じゃあ、事故を起こしやすい危険な車の色は?」

という疑問もあると思うので、これも書いておきます。

寒色系の色です。暖色系の真逆ですね。

水色あたりの車が特に危ないと思います。ご注意ください!

ではなぜ寒色系の色が危険なのかということなんですが、

これも暖色系の時と全く逆で、

寒色系の車が前を走っている場合、車間距離が実際よりも遠く見えます。

そのため、後ろのドライバーが

「もうちょっと近づいても大丈夫かな?」追突

という風に事故につながりやすいです。

なので、寒色系の車はあまりオススメ出来ないかもしれません。

レンタカーを借りる人にもオススメ!

このブログは物を持たない暮らしということで、

車を購入しようと思っている人は少ないかもしれません^^;

(私も車を所有する予定は一切ないです)


ただ、車を買わなくてもレンタカーを借りてどこかに行く時に、

この知識があれば色々と便利だと思います!

是非活用してください。お役にたてればとっても嬉しいです^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする