5年後、10年後になりたい自分から逆算をして目標を設定する

スポンサーリンク
広告336

未来の自分はどうありたい?

zinseigyakuzan

もう私が大学院を卒業するまで3カ月無いですね。

(厳密に言うと修士論文の審査に受からないと駄目なので、

100%絶対に来春卒業できる訳ではないですが^^;)

決断の時期が迫ってきているので、私も色々アクション起こしてます。

5年後、10年後どんな風になりたい?

将来のビジョンについて考えた時、私はまず目標設定をすることにしています。

簡単に言うと「○年後に手に入れたい現実」です。

例えば、家が欲しい人は家を。

正社員になりたい人は正社員の地位やキャリア。

自家用車を所有したい人は自家用車を所有することを目標に設定します。

これを基にして、今後に自分がその目標を達成するために取るべき行動指針を考えていきます。

ちなみに私の10年後の目標設定は以下の通りです。(10年後の話なので30代半ばくらいの目標になります)

  • 独立して食べていけるようになる
  • 体調が良くなって健康体になる
  • 犬or猫を飼う
  • 英語がペラペラになる

こんな感じになりました。メモ用に。(笑)

とりあえずざっくり書くとこういうのが理想かな?

もちろん、年月が経つにつれなりたい自分が変化する可能性もあるので、

たまに見直す必要もあるかと思います。

設定した目標から逆算して今取るべき行動を考える

以前、やりたくないことリストの逆を考えてやりたいことリストを作る

という記事を書いたと思うんですが、これと同じ要領でやります。
目標は自分が未来で望んでいる結果ですので、

その結果の方から逆から見て考える事で今何が出来るかが浮かんでくるかと思います。

今の自分に出来ることや何をすれば分からない方は、

分からない場合はネットで検索したり調べてみるのも良いと思います^^

(その目標を達成するために必要な資金や方法など、

少しでも達成しやすくするためにはどうすればよいのかなど。)
それを調べてノートに記録するとまた新しい目標が出てくると思います。

例えば「○万円という費用が必要」だとすれば、お金が必要になります。

するとまた、お金を稼ぐや貯蓄をする、節約するなどの目標が出てくると思います。

ただし、新しい目標を考えるときりがないくらいの数になるかもしれませんので、

自分が実践出来そうな行動に焦点を絞ることをオススメします。

この場合○年後に実現するという目標に間に合わなくなるかもしれませんが、

全部やろうとして失敗→途中で嫌になって放棄するよりはずっとマシだと思うので推奨しておきます。

長期的な目標は我慢強さが必要

長期的な目標になると、かなり我慢強さが求められます。

基本的に長ければ長いほど継続的な努力と行動が必要になるので、

しんどさを感じる人が多くなると思います。

自分もついこの間心理士の資格に合格できましたが、

2年間の間に大学院中退を本気で考えた事があるので^^;(結局しなかったですが)

長期的な目標は挫折しやすいので、挫折しやすいという人は短期や中期の目標を立てて

少しずつ段階的にステップアップしていく方法もありますので、

いきなりロングテールな目標を立てなくてもいいと思います。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする