婚活の深すぎる闇~結婚相談所が高層ビルに入っている恐ろしい理由~

結婚相談所の場所が高層ビルの中にある理由の闇が深すぎる

こんばんは、リコです^^

今日は心理学ネタですが、ちょっとブラックな内容です。。。(笑)

ずっと前にとある起業家の方のメールマガジンかに書かれていた内容なんですが、

私自身すごい衝撃を受けたので書いてみます。

スポンサーリンク
広告336

婚活とかでお世話になる結婚相談所はなぜ高層ビルの中に入っているのか?

よくネットでもだいぶ前から婚活という言葉が流行ってますが、

そういう結婚したい人が相談しに行く場所=結婚相談所というのがありますよね。

で、調べたら分かると思うんですが、

一部の結婚相談所の中には高層ビルの中に入ってるもの(特に大手)もあるようで、

実際に調べてみると14Fとか10F以上の高層ビル内に相談所を構えていることが

公式のホームページやグーグルの地図から分かっちゃうんですよね。

もちろん、全部の結婚相談所がそういうわけではないと思います。

現実、ビルの中に相談所を構えていても2Fとか3Fそういう低いフロアでやってるのもあると思います。

ただざーっと調べたらやっぱり大手の結構相談所は高層ビルの高い階に入ってやってる所が多いですね。

私は最初、特に意味もなく高層ビルの高いフロアに入ってるんだと思っていました。

例えばお金があるから、儲かってるからとか^^;

そういう単純な理由なんだろうな~と思ってたら。。。。。。

なんと違った。

なぜ結構相談所は高層ビルの高いフロアに入ってるの?

それは冒頭でも書いた通り、

とある起業家の人のメルマガで判明した事実なんですが、

どうやら心理学的テクニックを使って集客をするためらしいです。

つまり高層ビルの出来る限り高い階に結婚相談所を構えるという行為が、

心理学を利用した集客方法ということになります。

で、気になるその原理なんですが、

結婚相談所に来る人は「結婚したいという目的を持っている人」だと思うんですが、

そういう人は言い換えると「パートナーがいないため、寂しがっている人」

捉えることもできると思います。

結婚相談所は基本的に平日も夜までやっている所も多いらしく(20時くらいまで)

会社から帰る方(例えばOLさん)とかも仕事帰りに寄っていくこともあるんだとか。。。

そうなると、必然的に夜に結婚相談所を訪れることになるので、

高層ビルの高層フロアだし夜景を見ることになると思います。

この都会の夜景がどうやらすごいポイントらしいです。

人って1人で都会の夜景を見るとすごい孤独感や寂しさがこみあげてくる心理があるらしいです。

そこを婚活の会社や結婚相談所の運営者の人たちは逆手にとって、

意図的に夜景が見えるようにカウンセリングの椅子や机を配置して、

寂しさや孤独感を増加させている所をカウンセリングや入会の営業をかけて落とすというやり方です。

最初聞いた時ひえ~ってなりましたね^^;(笑)

こんな所まで仕込んで仕事や営業かけてやってるんだなぁという感じ。

本気ですごい根性だなぁと。。。というか心理学勉強した身なのに私はこれを知らなかったという(笑)

夏は日が長いのであれですが、

冬とか日が短くなると夕方とかでも真っ暗になって20時とか真っ暗でしょうね。

ちなみに私が調べて一番高いビルはなんと25Fに入ってた!

しかもすごい都心なので夜に行けば夜景力?すごいでしょうね。

これもこういう心理学的テクニックを駆使したものなのだろうかという感じですね。

心理学も奥が深いなぁと思いました。という訳で今日はここまで!

読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする