願い事や夢リストはどうでもいいと思うと叶う

願い事や夢リストの「気づいたら叶っていた」が多くなる

最近思うんですが、夢リストとか願い事リストを見直したとき

「気づいたら叶ってた」っていうのが以前より多くなった気がする。

私の100のリスト

これ書いたのもだいぶ前ですね。懐かしい(笑)

というか夢や願い事が叶う時って、やっぱりこんな感じなのが良いんだろうなと思います。

前々から思ってましたが、やっぱり書いたリストは見張らない方が良いですね。

スポンサーリンク
広告336

願い事リストを見張らない方が良い理由

見張る=ちゃんと叶うかどうか見張ってる状態=執着してるということになるので、

執着していると叶わないという引き寄せで有名な法則が働きます。

他の引き寄せ系ブログでも、

いわゆる「忘れる」とか「手放す」ことが大事だ言われてますが、

それっていわゆる見張るのを辞めるってことと同義だろうと。

ただ、叶ったらいいな~程度のかるーい気持ちで毎日を過ごすって感じかな?

いわゆる何に対しても執着していない状態のような感じで、日々を楽しい気分で過ごす。

そして気づいたら叶ってた…よく聞く話ですね。

手帳に書いたらその手帳をほっぽくとか。

PCのメモ帳やらワードファイルで作成したデータがあるなら、

それをどこかに保存して放置。これがオススメだと思います。

執着するということは「ない」に意識を向けるということ

例えば何でもいいですが、

  • 第一志望の大学合格したい!
  • ダイエットに成功したい!
  • 恋人欲しい!
  • お金が欲しい!

と強く願えば願うほどそれが「手に入って無い」前提で行動してしまってるので、

手に入ってない現実が引き寄せられるというめちゃくちゃシンプルな感じになりますね。

なので、夢リストはたまに見返す程度に控えていた方が無難ということになります。

昔聞いた話だと夢リスト書いて10年放置(というか完全に書いたことも存在すらも忘れてた)

してたら、ほとんど叶ってたという体験談とかあるんでほんとにすごいなぁと。

ただし嘘の願い事や夢は叶わない

↓前も書いたと思うんですがコレ

潜在意識は嘘の夢は叶えない~私の一人暮らしをしたいという夢が偽物だった話~

リスト書いてる時に違和感覚えたらそれが本当に叶えたい夢じゃない可能性があるので、

ちょっと待った方が良いかもしれないですね。

新月の願い事でも書いてしっくりくるのが良いって言われてるのはこのためでしょうね。

最近私は新月の願い事もやってないです^^;

面倒くさいというのもありますが、

単純に新月の願い事やらなくても願い事叶うんじゃ?っていう気になってきたんで。

やっててワクワクするならやればいいんですが、面倒なら無理してやらないでもOKだと思います。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする