いいことをすると返ってくるのは本当?ほんとにあった因果応報の実話

誰かにいいことをすると本当に自分に返ってくるのか?

昔から

誰かにいいことをするとそれが自分に返ってくる

という話を聞きますがそれは果たして本当なのか?

いわゆる因果応報というやつですね。

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。

(goo辞書より引用)

ネットで検索してみると色々と実体験の記事が引っ掛かりますが、

大抵悪い出来事やらドロドロしたものが多い…。

そして自分も少し前に「因果応報か?」と思うような体験をしたので綴っていこうと思います。

ちなみにドロドロしたネガティブな体験ではなく、普通にポジティブないいことです!

スポンサーリンク
広告336

以前の旅行の時に現地のおじいさんに道を聞いたら、目的地まで連れて行ってくれた

↓の記事を読んだことがある人は分かると思うんですが、

私今年の1月の終わりごろに大阪の堺市にある出雲大社に行ってきたんですよね。

出雲大社が遠くて行けない人におすすめ~大阪の出雲大社分社に行ってきた~

初めて来た土地だったのと、住宅街が割と入り組んでいて、

どの道を行けばいいのかさっぱりわからなくなりました。

人に聞くしかないな~と思ってると、

前の方から70~80代くらいのおじいさんがゆっくり歩いてきたんで、

「すみません」と声掛けして出雲大社の分社がどこにあるのかを尋ねました。

自分は行き方だけ教えて頂けたらそれでいいやと思ってたんですが、

返ってきた答えが予想外。

「それじゃあ、案内してあげるよ」

「え…」って正直驚いたんですが、

優しい方だったのか先頭に立って私を道案内してくれました^^

厳密にいうと目的地の少し手前くらいまでだったんですが、ほんとびっくりしました。

というかすごい嬉しかったなぁー。わざわざここまでやってくれる方がいるんですね。

…と思ってたんですが、

私も過去に全く同じようなことをやってるんですよね。2~3回ほど。

過去に2~3度、自分も目的地まで人を連れて行くという行為をしていた

この出来事が起こる数年~1年くらい前(うろ覚え)に、

これと全く同じようなことを他人にしてあげたのを思い出しました。

しかも2~3回ほど。(笑)

さっき書いたおじいさんと全く一緒で、具体的には

「口頭で行先を説明するんじゃなくて人を目的地まで案内して連れて行く」というもの。

つまり、その人と一緒に目的地まで行くっていうことですね。

何人か過去にやったことがあったんですが、1人鮮明に記憶に残ってるのは10代の女の子でした。

その日は電車に乗ってて梅田に遊びに行く所だったんですが、

大阪駅で降りる直前に1人の女の子が話しかけてきました。

私よりずっと背も高くて大人っぽかったんで年上かなと思ったら、私よりも年下だった…。(笑)

女の子は、

「あの、地下鉄に乗って○○駅まで行きたいんですけど、地下鉄ってどこにありますか?」

と聞いてきたんで、地下鉄で○○駅って言ったら御堂筋線しかないよなーとピンときました。

…が、知ってる人は知ってると思うんですが、

梅田(大阪駅)って梅田ダンジョンって呼ばれるくらいすごい構造が入り組んでます。

多分初めて大阪キター!って人はほぼ100%絶対に迷うレベルで(100%どころか120%?)

なんでどうせ口頭で教えても絶対迷うだろうなーと思って、

別にそんな急いでないしと思ってその女の子含めて他にも2~3人を目的地まで案内しました。

これが出雲大社に遊びに行く前に私がやったことです。

結局、因果応報はあるのか?ないのか?

ネットで調べると色々な意見があります。

因果応報はあるという人もいれば、ないという人もいる。。。

それに絶対返ってくると信じてる人もいれば、たまには返ってくるんじゃ?という人も。

ほんとに十人十色いろんな考え方があります。

私はたまには返ってくるかもなぁ~という感じですかね。。。

ただ、全く同じようなことを他人にされることになるとは思ってなかった(笑)

これってよくあることなのかな?偶然?

よく分かりませんが、やっぱりいいことが返ってきたと思うと嬉しいですね^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする