環境はたった10%しか幸せに影響しない【ポジティブ心理学】

人生の幸福度に今現在の環境はほとんど影響しない!?

スポンサーリンク
広告336

幸せがずっと続く12の行動習慣

↑先日読んだ本が少し衝撃的だったので少しまとめてみます。

タイトルは「幸せがずっと続く12の行動習慣」です。

ざっくり書くと、この本は人生の幸福感について書かれている本で、

その幸福感を長く感じ続けるにはどういう行動をとればいいかというもの。

つまり行動に注目して書かれています。

ではなぜその行動に注目するかというと、

人生の幸福度の大半は行動によって変えられるというもので、

ほぼ行動によって決まるらしいです。

環境(結婚、収入、健康状態)はたった10%しか幸福度に影響しない

この本いわく人生の幸福度は3つの要素によって決まるらしく、

遺伝による影響が50%、環境による影響が10%、行動による影響が40%

という割合があるようです。

個人的にDNAによる影響が半分もあるのもびっくりですが、

それ以上に環境がたった10%(厳密には8~10%らしい)しか影響しないことのほうがびっくりです。

つまり、今現在の状況は幸福度とほとんど関係がないということですね。

この点はアドラー心理学について書かれた嫌われる勇気という本に書かれていた点と同じですね。

(先日出た新刊の方も読みましたが。笑)

↑アドラー心理学も「誰でも今ここから幸せになることができる」と説いているので、

環境はあまり関係なく、やっぱり結局個人の行動が幸せのカギだということなんでしょうね。

あと個人的に遺伝による影響は無視してもいいんじゃ?って気がしました。

これは上のアドラー本にも別の本にも書かれてましたが、

変えることのできるものと、変えることのできないものとを、

識別する知恵を与えたまえ。

みたいな有名な格言があります。

遺伝は変えられるものではないですし、幸せは他人との競争じゃないですから。

その人自身が幸せを感じられたらいいわけだし、遺伝の50%は抜きにして考えてもいいと思います。

…となると、残ったのは環境10%と行動40%。

これを100%に換算すると環境20%行動80%。

比にすると1:4です。差がかなり大きいですね。

環境というと、

今の自分の社会的地位とか年収とか健康度とか住居とか。

はたまた結婚か独身かだとか子供の有無とかですね。

そういえば以前私は今手元に莫大なお金があるとしたら

新しい新築の家が欲しい…とこのブログに書いたはずなんですが、

あの後に今の古い築45年の家から最新設備のついた新築一戸建てに引っ越したとして

そこまで幸福度って変わるかな?とふと思ったことがあります。

雨漏りしない家やキレイな家はもちろん魅力的ですが、

それも最初だけで慣れてしまえば結局一緒なんじゃ…?と思いました。

新しく物を買ったときの高揚感と似てる感じですね。

なのであまり幸せは長続きしない…ということになります。

というわけで最終的に残るのは、その人自身の行動。

アドラー心理学でも言われてますが、これからどうするかで決まるってことですね。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする