物を増やさない方法5つを紹介!~物を捨てても後から増やしてしまうと意味がない~

スポンサーリンク
広告336

物を増やさないための具体的な対処策

monohuyasanaihouhou

物を持たない暮らしを継続するには、

物を減らしてかつ物を増やさないようにしないと継続しません。

物を捨てても後から物を増やしてしまっては、結局意味が無いということです。

つまり、

「物を捨てる」×「物を増やさない」「物を持たない暮らし」

となります。

すごくざっくり言うと、掛け算の式になりますので、

「物を捨てる」がゼロになると物が捨てられないですし、

「物を増やさない」がゼロになると物が増えてしまいます。

つまり両方必要なことになります。

捨てるだけではなく、その後も出来る限り物を増やさないようにしないと、

物を捨てても意味が無くなってしまいます。

ただし、「物を一切持つな、一切増やすな」となるとかなりしんどくなると思います。

こうなるとミニマリストを目指すことになるので、

シンプルライフとまた違ったライフスタイルになります。

私はどちらかというとシンプルライフや物を持たない暮らし派の人間ですので、

私も正直「捨てたら、今後一切増やさない」というルールを課されると精神的に辛くなります。

ですので、部屋が要らない物で散らからない、汚くならない程度であれば、

物を新しく買ったり、増やしたりするのもアリだと私は思います。

もちろん、物を捨てる時もそうです。

大好きな物やお気に入りを捨てる必要は一切ありません。

要らない物や使っていない物だけを捨てれば十分です。

つまり、一切持たない、増やさないと決めるのではなく、

出来る限り持たない、増やさないことを意識していけば十分です。

本当に心の底から出会えてよかったと思えるものに出会えることは、

本当にすごくいいことだと思いますよ!

そして、今日の本題に入りたいと思います。今日は物を増やさない方法を紹介していきます。

これはあくまで私のやり方ですが、ご参考になればと思います。

収納用品を買わない

これはたとえ話になりますが、

物が散らかっていて汚い部屋に住んでいる人の家に

急きょ友達が遊びに来ることになりました。(たまにあるパターンですね。笑)

私だったら「どうしよう…部屋がこんなに汚いのに」とすごく焦ると思います^^;

多分皆さんもそうだと思います。

そして、その時に取る行動と言うと、大体2つに絞られるんじゃないかと思います。

大抵の人は、

  1. 思い切って要らない物を捨ててしまう
  2. 要らない物を見えなくして隠そうとする

の2択になるんじゃないかと思います。

特に後者の人は

「要らない物が捨てられない。でも、汚い部屋を見られたくない!」

という人だと思います。こういう人は収納用品を使う人が多いと思います。

もちろん、収納用品を使うことは悪いことではありません。

私も実際に収納グッズ活用してます。

ただ、収納用品を多く持ちすぎてるとちょっと厄介かもしれません。

収納用品を多く所持していると、

そこにいつでも物を閉まって綺麗に見せることが出来るという安心感が出来て、

物をどんどん買ってしまい、物を減らすのが難しくなります。

おまけに、収納グッズ自体もどんどん増えるので、結果として物が溢れ返ることになります。

ですので収納用品は出来る限り買わない&増やさない方が良いです。

保存用にもう1個は絶対にしない

たまに「これは保存用!」として、

全く同じものを2つ買う人がいますがこれは絶対にやめましょう!

私も昔保存用に全く同じ物を2つ買ったことがあったんですが、後ですっごく後悔しました。

1つは結構使う機会があったんですが、

もう1つ(保存用)は完全に未使用…というか新品未開封です。

すごい無駄なことをしたなとすごい反省しました…。

それ以来、「もう同じものを2つ買うのは絶対にやめよう!」と思いました。

保存用を買っても新品未開封のままほったらかしにされることになりますのでとても勿体ないです。

物を一番粗末にしているのは、使わずにずっと保存しておくことです。

引き出しのついていない机を買う

過去に部屋の掃除をしている時に、

ネット上で「引き出しの中も掃除しましょう」と書いている記事を見たんですが、

その時に「あ!私の机、引き出しが無い。ラッキー!」と思った事があります。

机に引き出しがついていないと、まず引き出しの中を掃除する手間が省けます。

掃除の時間が短縮されるので、自由な時間が手に入りますね!

おまけに、引き出しが無い=物を収納するスペースが無いので、物を増やせなくなります。

これと先に紹介した収納用品を買わないを同時進行で進めると、

物を増やしたくても増やせなくなると思います。

汚い部屋を絶対に見られたくないかつ収納用品に頼りがちな人はオススメな方法だと思います。

大きい部屋やいくつも部屋のある家に住まない

これは机の引き出しの件と同じ考えで、

最初から物を多く持てない環境にあえて身を置くことでも十分効果があると思います。

例えば仕事の収入が増えると、一人暮らしの人は段々1K→2K→3Kみたいに、

どんどん広い空間に引っ越したくなると思います。

シンプルライフを目指していない人はそれで良いんですが、

物を持たない暮らしを目指している人は、部屋のスペースや部屋の数が増えるので、

物を買う時に「置き場所があるから良いか」という考えになりやすいかもしれません^^;

そうなると良く考えずに買い物→要らない物まで買ってしまい、

気付いたら物でごちゃごちゃしていた…。という風になることもあり得ます。

なので、「収入が増えたからすぐに広い家やマンションに引っ越し!」は、

基本的にあまりお勧めしません。

狭い部屋にあえて身を置くこと(物を置くスペースを最初から持たない)で、

不要な物を増やすのを防げることになります。

絶対に買わない物を決める

私は絶対に買わないものをあらかじめ決めてます。

自分の場合は以下の通りです。

  • CD
  • DVD(BD)
  • 邪魔になる運動器具
  • ソファ
  • ベッド

今のところ上記のとおりです。

ただ、絶対と言ってもどうしても欲しいものに出会ってしまった場合は、

買ってしまうこともあるかもしれないです。

ですが、それでも出来る限り↑の物は購入しないようにしようと思います。

まとめ

私は、データ化して持ち歩くことが出来るものは基本的に買いません。

例えば音楽CDはかさばるので買わないようにしています。

それに今はDL販売されているものを購入することもできますので、

CDを買わなくても聞く事が出来ます。

あとは、邪魔になる&折りたためない物も買わないようにしています。

ソファも折りたためないものだと動かすのも手間がかかります…。

しかも重いんですよね。(今は折りたためるものもあって楽みたいですが)

あとベッドも買わないです。生まれてからずっと布団派です。

一人暮らしの人が引っ越しの時、新しくベッドや寝具を購入しようとしますが、

私だったらベッドは遠慮すると思います^^;

以前泊まったホテルで何度かベッドで寝たことがありますが、

何だか合いませんでしたね…布団に慣れ切ってるのかな?

部屋の模様替えの時も、布団は別の位置に敷くだけですが、

ベッドだと動かさないといけない分手間がかかります。

狭い部屋だとかなり部屋のスペースが圧迫されると思います。

フロアベッドは部屋が広く見えると謳われていますが、

「それでも、何だかなぁ…」という感じだったので、今の所はこのまま布団で行くと思います。

ベッドもあう人はあうんだと思うんですが、自分はダメだったみたいです。

そして、最後の車は単純に維持費が高いし乗らなくてもいいかなと思ってるので、

買わないことにしてます。レンタカーもありますし、買うとなると値段もお高いですし。

あと駐車場の費用も馬鹿にならないので、あまり乗らないのに持っていると損だと思います。

大学時代の友人が「父親が車売ろうか悩んでる」と言っていました。

若者の車離れがどうのこうの言われてますが、

やっぱり維持費を考えると購入は躊躇してしまう人が多い感じがしますね。

話が長くなってしまいましたが、

絶対に買わないもの(必要ないもの)をあらかじめリストアップしておくと、

無駄な物を買って後悔する事がなくなると思います。

自分が実践してるのは上記のとおりです。参考になれば幸いです。

他にもいろいろあるんですが、今日はこのあたりにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする