物を捨てられない時は写真に撮ろう!~データ化して断捨離~

スポンサーリンク
広告336

物を写真に取って断捨離

物を捨てたいけど捨てられない…そんな時は?

mono_shasintoru

物が捨てられない原因は色々あると思いますが、

そんな時は捨てられないと思っている物を写真に撮ることをオススメします。

写真として残すのではなくあくまで画像データとして残す

これは私も断捨離をしてて実践したことがあるんですが、

物を捨てたいけど、捨てたり手放す勇気がない時はとにかく写真を撮ります。

写真は携帯やスマホのカメラで撮ってデータとして保存することをオススメします。

現物の写真ではなく、画像データとして保存するところがポイントです。

なぜかと言うと現物の写真(モノ)にしてしまうと、

またそれがゴミになってしまう可能性があるので、それを避けるためです。(笑)

撮った画像データは保存しておいて、いつでも見たい時に見れるようにします。

画像データとして保存するにはどうしたらいいの?

画像データを保存する方法はたくさんあります。

スマホの場合は、カメラ機能で写真を撮ってそのままスマホの中に保存して、

見たい時にストレージを開いて見ると言う方法がオススメです。

ただ、画像のデータ量が大きい(枚数が多すぎて大きい容量が必要)場合や、

ちゃんとバックアップを取っておきたいという場合は記録媒体がオススメです。

「記録媒体って何?」と言う方も居ると思いますが、

簡単に言うとデータを保存しておくための物のことです。

一昔で言うと、フロッピーディスク等がそれにあたります。

どんな記録媒体がオススメ?

パソコンの場合

PCの場合は、USBメモリに保存することをオススメします。

↑のUSBは最高64GBまで入りますので、大容量保存できます。

USBメモリにテープを貼って、その上から入っているデータに

関連したタイトルを書いておくとすごく分かりやすいと思います。

私も修士論文の時にUSBメモリを使っていましたが、かなり便利です。

おまけに場所も取らずに省スペースなので、シンプルライフと相性が良いと思います。

ただし、長期保存には基本的に向いていないのでご注意ください。

あと、PCの場合だと、CDやDVDにデータを保存する方法もありますね。

私は以前、CDに保存してるデータがいきなり読み込めなくなったことがあったので、

CDよりもUSB派になってしまいました。(笑)

ただ、CDやDVDにもメリットがあって、

温度や湿度などちゃんと保存環境さえ整えば100年以上の長期保存も可能らしいので、

かさばりやすいけど長期保存したい人はこちらがオススメです。

USBでもCDでも欠点はありますが、まとめると

  • USBなどのフラッシュメモリ→長期保存には向かないが、省スペース。
  • CDやDVD→長期保存に強いが、かさばりやすい。

こんな感じになるかなぁと思います。

スマホや携帯(ガラケー)の場合

携帯やスマホの場合は、本体に予め用意されている保存スペースを利用すれば

良いですが、万が一それを超えた場合はSDカードに保存することも出来ます。

↑SDカードになると最高32GBとなります。

ただし、これも先ほどのUSBと同じフラッシュメモリとなりますので、

長期保存には向いていませんのでご注意ください。

データ化すれば省スペースが実現出来る

物をそのまま持っておくとかなりスペースが取られますが、

画像データとして保存しておくとすごく省スペースで済むのでほんとにオススメです。

USBメモリもそうですが、SDカードに至ってはほんとに薄いですし、

正直スペース取るとかそういうレベルの話にならないくらいです。

写真に撮るという方法はとてもシンプルな方法ですが、かなり効果があります。

いつでも捨てた物を記録媒体から画像データとして見れる、引き出せるということで、

安心感が沸くので、結果として物を手放しやすくなります。

ですので、物を捨てることに抵抗のある人は、

物を捨てる前に一度写真におさめて、それを画像データとして手元に残してから捨てる。

という方法をオススメします。

今日はここでおしまいです。読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする