持たない暮らしで物を減らしたら自然と触れ合う機会がぐっと増える

物を減らすと自然の存在を意識できるようになる

こんにちはリコです^^

持たない暮らしを続けてもうすぐ1年になろうとしてるんですが、

物をどんどん減らしていくと、やっぱり物に注意が向かなくなりますね。

昔は部屋の中にゴチャゴチャものがあったんですが、

その物を取っ払うと別の物に注意が向くようになりました。

スポンサーリンク
広告336

物を減らしていくと自然と触れ合う機会が増える

これはあくまで私の話になりますが、

物を減らすと私の場合自然に目が行くようになりました。

例えば、朝カーテンを開けて差し込んでくる光を綺麗だなぁと思って眺めたり。

今は夏なのでセミの鳴き声だとかをよく意識して聞くようになりましたね。

あと最近毎日夕方にウォーキングしてるんですが、夕日も綺麗です。

物をたくさん持ってる時は、自然に目が行くことは今よりも少なかったように思います。

物が散乱してると、どうしても物に注意力を奪われやすいんですよね^^;

ですので、日常の中にある自然にはあまり目がいかないです。

自然と触れ合うことで得られるメリットって何?

自然と触れ合うことで私達の心に「もたらされる10の嬉しい効果」

↑のサイト様を見たんですが、かなりたくさんありますね^^

認知症や記憶力改善もあるのは驚きました。あとADHDにも効果があるんですね。

ですので、自然と触れ合うことは癒しとかリラクゼーションだけでなく

心身の健康増進にも良いということになります。

自然がいっぱいの環境に引っ越すよりも物を減らす方が良い?

よく「自然いっぱいの環境、緑豊かな環境」という名目で、

売りに出されている物件や不動産がたくさんあると思います。

そして、それを購入したり、借りたりして生活する人もいると思います。

ただ、最近1つ思うんですが、いくら自然がいっぱいの環境に身を置いても、

自然の存在に目を向ける機会が無ければあまり意味が無いのかもしれません。

言い換えると、いくら周りが自然豊かであっても、

それに目を向けないと住んだ意味があまりないというものです。

なので逆を言えば、仮に今住んでいる家や物件の周りに緑や自然が少なくても、

それらに目を向けるようにすればOKということです。

もちろん意識して目を向けてもいいと思いますが、

物を取っ払えば簡単に目が向くようになります。

部屋に物が無いと注意を向ける対象が自然や衣食住だとかの生活の基盤、

いわゆる原点になっていくんですよね。

ですので日常から自然を感じ取りたい方は、

まず部屋の物を減らしてみることをオススメします。

ここまで読んでくださってありがとうございます^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする