ほめ日記といいこと日記、どっちの方が書き続けることで幸せになれるのか?

ほめ日記といいこと日記って結局どっちが良いの?

前にほめ日記といいこと日記ってどこがどう違うの?

の記事でさらっと2つの日記の違いについて触れましたが、今回はその続き。

↑の記事を読んだ時に

「じゃあ結局ほめ日記といいこと日記どっちが良いの?」

「自分はどっちが向いてるか分からない。。。」

という人が出てくると思いますので、

私リコの個人的意見になりますがここにまとめておこうと思います^^

スポンサーリンク
広告336

いいこと日記の根本的な効果

まずいいこと日記からですが、

いいこと日記にも様々な効果がありますが、根本的な効果は認知の修正になります。

「認知って何?」という方は↓をどうぞ!

人生を生き辛くする認知の歪み10個:前編~人生に疲れやすくなる物事のとらえ方~

人生を生き辛くする認知の歪み10個:後編~ストレスがたまりやすくなる物事のとらえ方~

認知を修正することで物事のとらえ方を変えるので、

いいこと日記の効果をシンプルに表現すると

「物事の良い部分を見られるようになる」という一文で表現できると思います。

つまり、物事の悪い部分ばかりに目がいってしまい、

良い部分が見えなくなってしまっている人に効果的です。

ですので、いいこと日記は物事の良い部分を認められるようになりたい人にオススメできます。

ほめ日記の根本的な効果

次にほめ日記ですが、こちらも続けることで様々な恩恵がありますが、

根本的な効果は自己肯定感の育成になります。

自己肯定感って聞いてもピンと来ないかもしれませんし、

「自己肯定感を育てたって別に大したことないんじゃ・・・?」と思う方もいるかもしれませんが、

自己肯定感を育てることは人生を大きく変えるくらい大事な力の育成だと思ってください。

別ページにも自己評価が大切と言うのを書いたと思いますが、

これと似ていてかなり人生に影響を与える要因です。

例を挙げれば、進路・就職や結婚、子育てなどありとあらゆる面で

この自己肯定感や自己評価が大きな影響を与えます。

簡単に言うと、自己肯定感や自己評価が低ければ人生に悪影響が出て、

逆に高ければ人生にいい影響をもたらすというものです。

これは極論になりますが、

自己肯定感が低いと就職活動の面接であがって落ちてしまったり、

結婚したいと思っていても異性と付き合う自信がなかったり傷つくのが怖かったりで

結局独身のまま…ということにもなりかねません。

言い換えると、根本的な生きる力とも捉えられるのですが、

親から褒められなかったり、大人になってから経験した出来事(いじめやモラハラなど)

によっても、自己肯定感や自己評価は低下してしまいます。

自己肯定感を維持しておくためにもほめ日記はオススメだと思います。

ですので、ほめ日記は自己肯定感を高めたいor維持したい人にオススメです。

いいこと日記とほめ日記どちらか1つ選ぶとすればどっちが良いの?

いいこと日記とほめ日記の違いや効果を見てきたけど、

どっちもやってみたいと迷っている人は両方やってみるのもオススメです。

いいこと日記とほめ日記をあわせた「いいことほめ日記」とか良いかもしれません。(笑)

いいこと日記でいいことに目を向けつつほめ日記で自分をほめる。

自信を持てるので自分らしい人生を生きられますし、

良い気分でいられる時間も長くなるので、いいことの引き寄せも働いて一石二鳥ですね!

ただ2つを組み合わせてやるのはしんどいのでどちらか1つだけ、

かつどちらでも良いと言う方は、ほめ日記の方が良いかもしれません。

私も実際にいいこと日記よりもほめ日記の方が大切かも…と感じてます。

ただこれはまだ少ししかほめ日記をやってないので、

まだ「絶対そう!」とは言い切れない部分があります^^;

ですが、私も心理学勉強した身ですので、

自己受容や自己肯定がどれほど人生において大事なことかは理解しています。

で、少し考えてみたんですが

いいこと日記を続けて外部のことに目を向けて外部のことに感謝していても、

自己肯定感は育たないんじゃないかと思うようになりました。

※決していいこと日記に効果がないと言っているのではありませんよ!

ほめ日記であれば、100%自分に目が行くので

自分を褒めることで自己肯定感を高めることができます。

いいこと日記でももちろん

認知の修正を行う→物事の良い側面を見られる→その結果自分の良い所に気づく→自己肯定感アップ

となるので、いいこと日記で自己肯定感が育てられないという訳ではないです。

ただ、ちょっと回りくどいなぁと感じるのと、

物事の良い側面を見れても自分と向き合わなければ結局自己肯定感は育たないのも

事実なんじゃないかと思います。

その点、ほめ日記は直接自分の良い部分を見つけて褒めて価値づけするというものなので、

自己肯定感を育てるのにはうってつけですし、

いいこと日記よりも直接的なアプローチになるので自己肯定感を高めるという意味では効果は高いです。

ですので、どちらか迷ってるけどどちらか1つに絞りたい!

とにかく人生に良い影響をもたらしたい!という人は、

自己肯定感を高めるという意味でほめ日記をつけることをオススメします。

もちろん、合う合わないもあると思いますので、

一度2つともチャレンジしてみて自分に合った方を選ぶor効果の高い方を選ぶ

というものアリだと思います^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする