引き寄せでよく聞く「潜在意識」って何なのか?~顕在意識と顕在意識について~

スポンサーリンク
広告336

潜在意識って結局何?

最近引き寄せの記事が多くなってきましたが、

肝心の潜在意識についての説明をしていないことに気付いたので、

この記事で補充しておきます。(笑)

潜在意識とは、文字通り私たち人間の「意識」です。

ただし、潜在意識だけが私たちの意識の全てではなく、

潜在意識とは別にもう1つ顕在意識というものが存在しています。

つまり私たちの意識は、顕在意識潜在意識の2つの意識で構成されています。

ちなみに顕在意識の別名は表面意識、潜在意識は別名は無意識です。

無意識と聞くとフロイトがピン!と頭の中に浮かんだ人もいるかもしれませんがその通りです!^^

この顕在意識と潜在意識を発見したのが、フロイトだと言われていますね。

顕在意識と潜在意識の違いって何?

「じゃあ顕在意識と潜在意識って何がどう違うの?」

簡単にまとめると、

顕在意識(表面意識)…自分が意識できる範囲。物事の判断を行ったり頭を使って考えるなどの精神活動を行う。

普段表に出ている意識。(このブログを読んで何かを考えている状態は顕在意識です)

潜在意識(無意識)…自分が意識できない範囲。直感やひらめきなどが働く無限のデータベース。

普段は表に出ておらず引っ込んでいるが、裏ではちゃんと働いている意識。

このようになります。

もっと言うと、顕在意識は理性的で論理的、潜在意識は本能的で直感的なイメージです。

顕在意識と潜在意識の割合ってどれくらいなの?

顕在意識と潜在意識の割合ですが、もう圧倒的に潜在意識の方が上です。

割合としては色々な説がありますが、

顕在意識が全体の3~10%ほど潜在意識が全体の90~97%ほどです。

10の力と90の力であれば、確実に90の力が勝ちますよね^^

これが顕在意識が潜在意識に勝てないと言われている理由です。

実際に顕在意識は氷山の一角で、潜在意識が水の中に沈んでいるという表現(氷山モデル)が有名です。

2つの意識が一致していない場合だと顕在意識は潜在意識に勝てない

例えば、顕在意識で「結婚したい!」と必死に思っている一方で、

潜在意識で「結婚したくない!」と思っている人がいたとします。

2つの意識は全く正反対の方向を向いていて、不一致が起きている状態です。

この不一致が起こった場合、潜在意識の方が圧倒的な力を持っているので、

潜在意識で「結婚したくない!」と思っている場合はそれが現実化してしまいます。

つまり、いつまで経っても結婚できない現実です。

もちろんだからと言って100%絶対に結婚できないという訳ではないですが、

この状態で結婚に向けて行動しようとすると強い抵抗が生まれるので、

合コンに行く気力が湧かない、婚活が面倒などの様々な結婚を妨害するような感情が出てきます。

(自分もダイエットなどの他の問題で潜在意識の妨害の力を体感しましたが、

これらの感情に真正面から抗うのは非常に厳しいです^^;)

この場合は潜在意識の「結婚したくない」という考えを「結婚したい」に変えないと、

結婚出来ないということになります。

ですので、頭では「~したい」と思っているのに何でか知らないけど上手く行かない、

なかなか行動に移せない、という方は一度自分の本音に耳を傾けてみて

自分は「本当に~したい」と思っているのかと考えてみることをオススメします。

ここまで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする