引き寄せの法則で特定の相手との結婚や恋愛を叶えるのが難しい理由

スポンサーリンク
広告336

特定の相手との結婚や両想いは引き寄せでは叶えられない?

以前恋愛についての引き寄せの体験談を書いてみましたが、

(関連記事:引き寄せの法則で恋愛成就は可能?~実際に片思いの相手と両想いをイメージした体験談~)

冒頭の方で特定の相手との恋愛(結婚)を叶えるは難しいと書いた理由について述べておこうと思います。

特定の人に絞るということは執着しやすくなるため叶いにくい

もう非常にシンプルです。拍子抜けした人もいると思います、ごめんなさい。

ですが、恋愛に関しては執着心で失敗してしまう人が多いのも事実だと思います。

以前も書いたように引き寄せは執着が強ければ強いほど叶わなくなります。

相手に一切こだわってはいけないということではありませんが、

あまりにも度を過ぎたこだわりであればマイナスに働いてしまうことが多くなってしまいます。

例えばAさんと言う特定の相手1人と絶対に両想いになりたいと考えると、

「この人以外に居ない」→「この人と何としてでも恋愛関係にならないと」→余裕が無くなって執着する

こんな感じに悪循環にハマりやすくなります。

↓は一例ですが、

「自分にはAさんしか居ない!Aさん以外に良い人なんて絶対に居ない!この人と一緒になれなかったら嫌だ」

「Aさんと両想いになれたら嬉しいけど、幸せな恋愛や結婚が出来るなら他の人とでも良いかな」

上の文と下の文の思考をしている人が居て、

どちらが叶いやすいかと言えばやっぱり下の文章の人になりますね。

上の文章の人は過度にAさんに執着している上に心に余裕がない状態なので不安や焦りを生みだして、

恋愛が叶わない、恋愛で悪いことが起こる(告白したけど振られる、相手が別の誰かと結ばれるetc)

という方向に進みやすいです。

また、恋愛以外にも不安や焦りが悪いことを引き寄せる可能性が高いです。

一方、下の文章の人は心にゆとりを持っているので、不安や焦りの感情も出にくいため、

いい事を引き寄せられるか分かりませんが、少なくとも悪いことを引き寄せる可能性は低くなります。

言いかえると、上の思考は負のスパイラル下の思考は正のスパイラルということになります。

相手に過剰に執着してかなり神経質になってくると、

相手の些細な行動や変化に振り回されてネガティブな感情を抱えやすくなります。

ですので、特定の相手に拘りすぎている、執着しすぎている場合は

「この人がダメでも他にも良い人が要るかも」とか「恋愛以外にも楽しいことはたくさんある」とか、

とにかく何でも良いのであなたの心に余裕が持てるような考えをすることをお勧めします。

恋愛のことで頭がいっぱいになると、

「恋愛以外に楽しい事なんてこの世にない」とかそういう思考になってしまう人もいるかもしれませんが、

一歩引いてみて恋愛は自分が幸せになるための手段の1つにすぎない

かんがえてみると良いかもしれません^^

今日はここまでです。読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク
広告336
広告336

シェアする